ハウステンボスの「変なレストラン」に行きました。

ロボットがビールを注いだり、お好み焼きを焼いたり、ソフトクリームを作ったり…。
緻密な動きに目を奪われました。
(写真はビールロボットです!)

そして、テーブルには一台ずつ、小さい丸いロボットが置いてあります。

「こんな風に話しかけてね!」と例文が書いてあるメニューが置いてあったので、その内容通り「明日の天気は?」「長崎弁喋って」「ダジャレを言って」と話しかけました。

でもロボットは「よく聞き取れません」「もっとゆっくり喋って下さい」「よく分かりません」を繰り返すばかり。

甥っ子が頭にきて、ロボットに「消えろ。」と言いました。

すると、20秒くらい間があり…その後「そんな悲しい言葉、使わないでください。」とロボットが一言。

びっくりして、他の言葉を話しかけると、また「よく分かりません」「もっとゆっくり喋って下さい」ばかり。

そして、また「消えろ!」というと「私はここから動けませんので、ずっとそばにいますよ。」とロボットが一言。

人間は「このロボット、全然こっちの言うことを理解できない。バカだなぁ!」と思って話しかけてますが、

実は、ロボットは全部分かってて、わざと「よく分かりません」と言っているとしたら…。

人間がロボットに操られる日も遠くないのかも…と思わずにはいられませんでした★





投稿日2017年8月17日    閲覧回数 34 pv



この記事をSNSでシェアする

コメント