ソメイノ日記 16.6.12 「未知なる場所へ」 私たち動物、特に猫は好奇心旺盛な生き物だ。 ありとあらゆる物音、動く物体、踏み込んでいない未知の領域、それら全てが好奇心の対象になる。 徹がトイレに行く際、必ずと言っていいほど私はついて行く。 「何ですか~ソメちゃん」 彼は、私が甘えてトイレにまで寄り添って来ていると思い込んでいる(彼の声のトーンで分かる)が、そうではない。 もう1年以上も一緒にひとつ屋根の下だ。今更ながら相手がトイレに行ったくらいで寂しがるほど私は子供でも乙女でもない。 好奇心だ。 私たち動物にとっては扉、ドアという人間界特有の壁に悩まされている。相当の賢さがなければこのドアというものを突破できない。私も不器用な方ではないが、なかなかどうして、確実ではない。 つまり徹がドアを開けた時がその未知の領域へ入り込む最大のチャンスなのだ。この家の手が届く場所、隙間は大体把握してきた。しかし、彼が行く時でないと入り込めないのがトイレだ。ということでついて行くのだ。トイレに至っては、まぁ特に面白味のないただの個室。ちょっと期待はずれだが、いまだについついて行ってしまう。 そして今最も私の好奇心を駆り立てる領域がある。 ベランダだ。 ベランダ自体は部屋の中からでも見えるので大体いいのだが、ただ頑なに徹は私をベランダへは出してくれない。洗濯物を干したり取り込んだりとチャンスは多々あるのだが、彼の股からすり抜けてベランダへ出ても、瞬時に捕まえられ部屋へ戻されてしまう。 何故だ。ただちょっとそこでくつろぎたいだけなのだが。 汚れるからか?んん~徹はそんな潔癖ではない。なんならずぼらな方だ。 何か隠しているのか? とにかくこれは時間を要する問題だ。じっくり作戦を練る事にしよう。 #ソメイノ日記 #猫日記 #playback 2016 #未知なる聖域トイレ #インスタにて現在のソメイノ日記絶賛投稿中! #なんちってCoyote #ぼっちbar #カラオケbar

閲覧回数46 pv