もうすぐ衆議院総選挙の投票日ですが、ネット選挙についてやってはいけないことがあるって知ってましたか? 18歳以上の有権者は、ホームページやブログSNSを使って選挙運動ができますが、電子メールを使った投票の呼びかけは禁止されています。 注意しなくてはいけないのは、候補者から送られてきたメールを転送するのも禁止だということ! また、ついうっかりしてしまいそうなことは、年齢満18歳未満の者が選挙運動をしてしまうこと。 公職選挙法では満18歳未満の者の選挙運動を禁止されています。 高校生から選挙権が発生しますが、先輩の特定の候補者を応援するSNSの投稿を満18歳未満の後輩が拡散するのも違反になりますので、気を付けましょう!

閲覧回数54 pv