文学ファンにはたまらないコーヒーがやなか珈琲というところから発売されたらしいですよ。 名作文学の読後感をコーヒーの味わいで再現したという何とも摩訶不思議なコーヒーのようです(^^;) 今回コーヒーになったのは若菜集、人間失格、吾輩は猫である、こころ、三四郎、舞姫という文学界の名作! 文庫本サイズのケースに入った6作品の飲み比べセットも発売になったそうです。 ところで、人間失格味ってどんな味なんだろう?かなり気になる( ̄◇ ̄;)

閲覧回数50 pv