今朝 友人から送られてきたメールの内容に感銘を受けたのでアップさせていただきます。 【粘る力】 「刀折れ、矢尽きた」と思うときに、降参することは簡単なことです。 そんなことは誰にでもできることです。 しかし、そのようなときにこそ、背水の陣を敷き、「あと半年、頑張ってみる」、あるいは、「何とか、一年間、耐えてみる」ということが大事なのであって、「その間に、どれだけ朗らかに生きつづけられるか」ということが決め手となるのです。 ↑ 降参せづに粘る、そして、その間どれだけ朗らかに生き続けられるか?が決めてとなる。Kさん、いつも素晴らしい言葉(メール)をありがとう!

閲覧回数121 pv