【12月1日金曜日】福岡市で対ミサイル訓練 北朝鮮の発射を想定した訓練を実施!! ミサイルが市内に飛来するとの設定で、午前10時から計2回、市内にある携帯電話やスマートフォンに、注意喚起のメールを配信する。同種の訓練は政令指定都市では初めて。 訓練では全国瞬時警報システム(Jアラート)による情報伝達を受けたとして、ミサイル発射と通過情報を携帯電話やスマホへ、エリアメール(NTTドコモ)や緊急速報メール(au、ソフトバンク)で送信する。 市営地下鉄は、運行中の全列車を駅に停車させ、安全確認する。避難訓練も予定する。 高島宗一郎市長は「北朝鮮情勢は緊迫感を増している。メールが手元に届くか、確認していただきたい。企業も現在の避難行動計画などが有効かどうか、検証する機会にしてほしい」と述べた。 この続きは産経ニュースにて http://www.sankei.com/region/news/171025/rgn1710250014-n1.html

閲覧回数73 pv