40代 男性 既婚子供なし 内装業(個人事業主) 奥様は会社員(扶養は入っていない) 【ご相談内容】 個人事業主なので、万が一働けなくなった時に収入が全く無くなるのが不安なので、収入をカバーできる保険に入りたい。 【現状の問題点】 個人事業主で内装業で、ご自身が動かないと収入が入らないとのことですので、働けなくなった場合は無収入になります。 ただし、傷病発生から1年半経過後からは、状態によっては、障害年金を受給が可能になりますので、発生から1年半までを特に手厚く保障しなければいけません。 障害年金受給後も、年金だけでは収入は完全にカバーできませんし、配偶者も、身の回りの世話で、仕事を制限される可能性はありますので、長期的な保障も必要です。 これを踏まえて、商品をご提案させていただきました。 【ご提案内容】 個人事業主で内装業で、ご自身が動かないと収入が入らないとのことですので、働けなくなった場合の所得補償は、重要な保障と言えます。 働けなくなった場合の保障は ①短期的な保障 ②中長期的な保障 の、2つに分けられます。 ①は、一時的に働けないけど復帰の見込みがある時に使う保険 ②は、復帰の見込みが中期的または、長期的の場合や、一生働けなくなった場合に使う保険 と、考えてもらえると良いです。 ①一時的に働けなくなった場合の保険は、損害保険会社の『所得補償保険』が最適です。 疾病、災害にて、入院または医師から就業不能と認められた場合、最短で、休業4日目から補償されます。 補償の限度期間(填補期間)は、1年〜5年まで選ぶことが可能です。 注意事項 ・所得以上に加入する事は出来ません。 個人事業主の場合、確定申告後の『所得』で判断されますので、実際の収入との開きが大きい場合があります。 ただし、補償金額月20万円までは、収入証明を提出しなくても補償されますので、経費を落としまくって『所得』が低い方でも、安心してご加入できます。 ②の中長期的に働けなくなった場合の保険は、『就業不能保険』が最適です。 給付要件は、所得補償と同じで、入院または医師から就業不能と認められた場合、それに加えて、公的介護保険や障害年金と連動して、お支払いする場合もあります。 ただし、支払い対象の日数は、最短でも60日以降で、最長で65歳まで保障されます。 注意事項 こちらも収入以上の保障額には加入できません。 ただし、こちらは、確定申告後の『所得』ではなく、収入で判断されますが、加入限度額が決められております。 【今回のご提案商品】 ・所得補償保険 月額15万円 填補期間2年 保険料 約4,080円 ・就業不能保険 月額10万円(60日〜1年半まで5万円) 保障期間65歳 保険料 約3,385円 合計保険料 7,465円 ★保険の見直し・ご相談は(要予約) ニューライフプランニング 代表 待鳥真一 福岡市博多区麦野4-7-15安田ビル3階 電話 0120-011-153 メール info@newlife-planning.com LINE https://line.me/R/ti/p/%40jkz4098h

閲覧回数96 pv