昨日は雪に強風にと大荒れでしたが、今日は良い天気の高森町。とは言え、4月とは思えぬ寒い一日でした。 本日は、『高尾野みさを大豆保存会』の皆さんからお花見にお誘いいただき、保存会メンバーの一人でもある本多善忠さんのお宅にまたまたお邪魔してきました。 参加者の中には、数年前からみさを大豆を使ってむらづくりを行っている山都町・東竹原自治振興区のメンバーである田上さんご夫妻、栗屋さんご夫妻の姿も。 保存会の皆さんと東竹原の皆さんは、お互いのイベントに参加し合うなど、“みさを大豆”を通して、日頃から良い交流を行っているようです。 活動2年目の保存会には、今年、3名の方が新加入。先輩団体である東竹原の皆さんとも相互協力し、みさを大豆を盛り上げていきましょう! ※ 東竹原自治振興区は、みさを大豆の生産・販売やフットパスイベント、神楽などの伝統文化の継承などに取り組んでおり、2018年「くまもと里モンプロジェクト顕彰」のコミュニティ部門にて「くまもと里モン賞」を受賞されました。 おめでとうございます!

閲覧回数122 pv