リーダーシップ…… つまり「リーダーとは何か」を考えた時、「リーダーは持って生まれたカリスマがないとなれない」というような誤解です。もし持って生まれたカリスマがないとリーダーになれないのだとしたら、そうした人達はどの時代でも一定数しかいないので、成功するプロジェクトや起業を増やしたりすることは不可能でしょう。 でも、実際にはリーダーは育てることが可能ですし、逆に環境によっては芽を潰してしまうこともあります。 そのことを証明している組織として、アメリカ軍が挙げられます。アメリカ軍には予備役を含めて約300万人がおり、また日々変化する国際情勢に合わせて適切な組織活動を行わなければなりません。そのため、士官学校などでリーダーシップを教えることで、現場を担うリーダーを育成しているのです。リーダーシップ教育なくしては、アメリカ軍は成立しないと言ってもいいでしょう。 しかし、日本ではマネージャー教育はあってもリーダーシップ教育というのはほとんど馴染みがなく、「リーダーを育成する」ということについてほとんどの企業がどうやったらいいのかが分かっていないというのが現状なのではないでしょうか。 転職やフリーランスが多く雇用の流動性が高いIT業界では、リーダークラスの人材は非常に貴重で「お金を積んでも来てくれない」という状況と以前聞いた事があります。 しかし、本当にリーダーを育成することが可能なら、企業の競争力を大幅に上げたり、成功するスタートアップを増やして社会を豊かにすることが可能でしょう。 そんなことが本当に可能なのか? 可能にする為に… リーダーを育成するには、まず「リーダーは何をやらなくてはいけないか」を正確に把握しなくてはなりません。 では、リーダーがやらなければならないことは何か… それは下記の1点に尽きます。 『全体を見渡して状況を把握し、チーム全体で必要な対策を講じること!』 例えば、サッカーであれば試合の流れやチームメンバーの状態、能力を確認して必要な采配を行って勝つことですし、企業の経営者なら業界の動向や資産状況、社員の行動などを把握して必要な経営方針を打ち出して利益を上げることです。 これらの役割を一言で言うと「目的に必要な全体最適を行うこと」ですが、それは口で言うほど簡単なことではありません。 そして、「仕事ができる優秀な人」が組織内で評価を受けてリーダーに抜擢されることはよくあることですが、自分の業務を最適化できる人が組織やプロジェクトの全体最適もできるとは限らないのです。 「あの人は個人で仕事すれば優秀だけど、上に立つと全然ダメなんだよね」という事例はどこの組織でもよくあることなのです。 リーダー、つまり全体の最適化をする人を増やす上でリーダーになる人自身の理解も重要ですが、実はあまり一般に認識されていないのが「周囲の人の理解」の重要性です。 世の中に変革を行うリーダーを望む人は多いものの、では実際にこうしたリーダーやリーダー見習い達をサポートしている人がどれだけいるかというと、実際のところはかなり少ないのが現状ではないでしょうか。 例えば、「お前はこれをやれ」と社員にリーダーとして大きな役割と責任を与える組織は多いものの、その人がリーダーとして必要だと判断した社内調整などに協力的な組織がどれだけあるかというと、実際のところはかなり少ないでしょう。 では、メンバーとしてリーダーに協力にはどうすればいいのか? それは、 1.自分が把握した状況と、自分の意見を「適切に」伝える 2.決まった方針には従う 3.自分が与えられた役割をちゃんとこなす 「状況や意見を適切に伝える」というのは、分かっているようでいて案外難しいものです。否定的な見解では意図が伝わらないことがありますし、感情的な議論になって生産的なやり取りが阻害される可能性もあります。かと言って、必要な情報や意見を伝えなければ、リーダーが判断を誤ってしまうこともあります。 仲間やリーダーの背中を後ろから刺したり、足を引っ張る人が一人でもいると、チームは機能しません。そうした行動を許容しないこともとても重要なポイントです。 リーダーが全体を判断して、メンバーは情報と意見を渡しつつ役割を果たす…そして、リーダーを抱える企業は彼ら彼女らが動きやすいように調整を行う。これができれば、良いリーダーの元で大きな目標を追い求めるチームを作っていくことができるのではないでしょうか。

閲覧回数74 pv