書道での書体、篆書体を使用し、漢字の起源を意識しながら色彩と背景色を共存させる作品になっている。学・宝(学びは一生の宝)作者の意思が反映されている。

閲覧回数79 pv