「先延ばしの悪いクセ”を確実になおす方法」 人間には、やりたくないこと、苦手なこと、嫌なことは先に延ばしてしまうという困った性質があるそうです。 「とてももったいないことである。」というのも、そのように避けていることこそが、自分にとって必要なことであり、成長のきっかけになるということがあるからです。 人間の脳にとって、苦手なことほど、やり遂げたとき、成功したときには大きな飛躍の糧になる。苦手だからといって逃げ回っているのはもったいない。本来、苦手なことほど取り組む必要があります。 とりわけ、現代は時間の流れが速いので、立ち止まっていると、先に行くことができず、成長の機会を逃してしまいます。 苦手なことや慣れていないことは、つい戸惑ってだらだらやってしまいがちですが、時間制限を設けることで、きびきびと集中して作業を進めることができます。 時間制限を設けることの意味はもう1つあり、慣れていないことを始めると、それなりに苦しいですよね。時間制限を設けることで、その苦しさも時間が経てば終わると自分に言い聞かせることができるのです。 人間は、時間についての認識が案外ルーズで、とりわけ、これから起こることがどれくらい続くかという見極めができません。気分が落ち込んだときには、これからの人生はずっとそうだと思ってしまったり、慣れていないことに取り組むと、回復できないダメージを受けるのではないかと考えてしまいます。 実際には、時間制限を設ければ苦手なことに取り組むつらさはやがて終わる。だからこそ始められる。1度試してみれば、納得できるはずです。 何よりも、「苦手な自分」が「得意な自分」に変化する、その可能性を実感できればいい。時間制限の下での「タイムプレッシャー」が、成長への跳躍台になります。 「人工知能時間」の現代、時間という貴重な資源を最大限に利用するには、時間制限を設けた苦行を敢えて自分に課すのがいいのですね!

閲覧回数73 pv