西門蒲鉾本店は伝統の『味』 受け継ぐ『技』・『心』・『想い』を今もこれからも。 主材料は昔から蒲鉾に最適の魚「イトヨリダイ」を使用し、水は「麦飯水」で加水、職人が一本一本丹精込めて手打ちした板付蒲鉾です。 どんなに素晴しい塩や水を使っても素材が悪いと 美味しい蒲鉾は絶対に出来ません。 昔は博多湾近海ものや以西底引きで取れた生魚が主流でしたが、 時代と共に変化しています。 現在、当店は東シナ海で取れたイトヨリ鯛等の新鮮な素材を獲って直ちに冷凍したものを使用しています。

閲覧回数56 pv