鹿児島県三島村、硫黄島は、東京の硫黄島と区別するために薩摩硫黄島とも呼ばれたりするのだけれど、先日テレビでも紹介されていて、今世界で一番美しく、危険な島とも言っていいと思うのです。 その原因は、硫黄島にそびえる硫黄岳と、硫黄島付近の海中に潜る、数キロにも及ぶ鬼界カルデラの存在。 約7300万年前に起きた大噴火は、九州南部に寛大な被害が出たらしいけど、恐ろしいのはその噴火によって巻き上げられた火砕流が日本全国に残っていて、関東圏でも10センチ近く積もったって話。 とんでもない量ですよね。 そんな硫黄島、いまでも100人ほどの住人がいて、海岸線には無料の温泉が2つほどあります。 東温泉と坂本温泉。 東温泉はオーシャンビューの露天風呂で、無料で入り放題。あ、囲いが少ないのでそこはほら。 で、秘境の温泉としても有名です。 坂本温泉は干潮時は恐ろしくお湯が沸きだしてるんだけど、満潮時に海水が入り込むとお風呂としてはぬるくなっちゃう。 温水プールとして利用されてるんです。 硫黄島の玄関、硫黄島港は到着するとびっくり。 赤茶けた海水まみれなのです。 それは、温泉成分が海水と混ざり合うことで化学反応を起こした結果。 そして、海では釣りが趣味の人には天国のような場所。 糸を垂らせばほんの数分で釣れるし、ちょっと運が良ければ鯛も釣れる。 こんないい場所なんだけど、交通の便がちょっと不便。 硫黄島には、昔リゾート会社が作った飛行場がそのまま村営に。 週2便飛んでいますが、セスナ機で定員は3名。 普通は船便でフェリーみしまが週に4往復ほど。 なかなか行く機会は作れないかもしれませんが、一度は観光で行ってみたいよねぇ。 #鹿児島 #硫黄島 #鬼界カルデラ http://www.geopark.jp/geopark/mishima/

閲覧回数107 pv