南津軽の山で太陽を全身に浴びて美味しく育った【甚八リンゴ】是非、一度ご賞味下さい! 南津軽の山に実る甚八りんご甚八りんご、美味しさのひみつ・・・ りんごが赤いのはなぜでしょう。 これは、さんさんとふりそそぐ太陽のおかげです。いっぱいの太陽を浴びたりんごは、糖度も増しておいしくなります。 そして彩りもあざやかになるのです。「甚八りんご」は、こうした日当たりのよい青森県平賀町の山あいの斜面で育てられます。それだけに、太陽とお友だち。 さらに山あいだけに風通しもよく、りんごを栽培するには適している場所なのです。 しかし、いくら豊かな自然や、りんご栽培の好条件が整っていても、りんごを作る人の愛情がなければ美味しいりんごにはなりません。 この「甚八りんご」は、平賀町というりんご栽培に恵まれた土地柄にあぐらをかくことなく、1つ1つりんごに手間ひまをかけ、真心を込めて作られています。 それだけに「甚八りんご」には、愛情が注がれたりんごだけが持つ本当の美味しさがあるのです。 http://smaken.jp/user/usc_to.cgi?up_c1=13901

閲覧回数42 pv