\取材してきました/ ちょっと気になる保育園~とみよ保育園HAKATA~ 「保育園」とで言っても園によって規模も、保育方針も、保育時間も様々。 そんな多様な保育園の中から、ちょっと気になる保育園をピックアップして、ご紹介したいと思います。 第2回目は、企業主導型保育園「とみよ保育園HAKATA」にお話を伺いに行ってきました。 対応してくださったのは、とみよ保育園園長の爲谷祐太朗さんと、園の運営をしている株式会社富世のグループ会社である株式会社ティ・オー・エスの音成大輝さんです。 ●こちらでは、保育園だけでなくお仕事も決められるそうですが? 富世グループの中に、保育園の運営を支援する「一般社団法人 保育支援協会」がありまして、そこが「マザーズ広場」というのをやっています。 「マザーズ広場」では、同じグループ会社で労働者派遣事業をしている株式会社ティ・オー・エスに委託する形で、お仕事の紹介を行っています。 また、とみよ保育園をはじめ、様々な保育園と提携を結んでおりますので、同時に保育園も紹介することが可能なんです。 さらに、株式会社ティ・オー・エスの派遣スタッフとして働いていただくと、とみよ保育園の保育料が割引になります。 全年齢保育料は共通で、通常料金が月36,700円のところ、月26,800円になります。提携の保育園でも、割引サービスがある園もあります。 子育てしながら仕事を探すのが大変だったり、保育園がなかなか見つからない、保育料が高いなどのお悩みがある方は多います。 そこを一気に解決できるサービスとなっています。 もちろん、当社の派遣スタッフだからといって、必ずお子さんがとみよ保育園に入らなければいけないわけではありません。 お子さんがとみよ保育園に入るからといって、必ずスタッフ登録しなければならないわけでもありません。 お仕事だけのご紹介、保育園だけのご紹介もできますので、お困りの方は気軽にお問い合わせいただければと思います。 ●派遣や職業紹介を主にしている会社ですが、なぜ保育園を始めようと思ったのですか? 企業主導型保育園というのは、平成28年度から始まったばかりの新しい事業です。 待機児童解消や、多様な就労形態に対応するための内閣府の政策で、当社も社会貢献の一環として始めました。 また、派遣登録スタッフの年齢層が、ちょうど子育て世代だけ少なかったので、保育園を作ることでそこが解消されるのであれば、派遣会社としてもよりスタッフの充実が図れるというのもありました。 ●企業主導型保育園のメリットは何ですか? 融通がききやすいところですかね。認可の保育園は入園したいと思ったら、期日までに書類を役所に提出して審査を受けてという形になりますが、企業主導型の場合は園の直接面談で決まります。 ですから認可保育園に落ちてしまった方も入園できますし、途中入園もしやすいです。 認可外は保育料が高いと思われがちなのですが、企業主導型保育園は内閣府からの助成金が出るので、安く預けることができます。 認可保育園ではないから保育の質が落ちる、ということもありません。 例えば保育士の数も、企業主導型の保育園は認可保育園の規定の人数プラス1人にしなさいという決まりがあるんです。 ですから、当園の場合は本来4人でいいのですが、さらに増やして5名で対応しています。 食事やおやつも全部園内で手作りしていますし、もちろんアレルギーにも対応しています。安心して預けていただけると思います。 その他、保育内容や栄養士さんが作る食事についてなど 詳しい内容はコチラ↓ http://www.apapanet.com/contents/manual/manual_180611.html 保育園DATA 【名称】とみよ保育園 HAKATA 【保育時間】7:00~20:00 【住所】福岡市博多区東比恵2-22-15 プライムスクエア1F 【問合せ】0120-1034-67(全園受付) 【HP】http://tomiyohoikuen.com/wp3/ #パート #復職 #主婦 #保育園

閲覧回数543 pv