水害で車両保険や火災保険は支払われるか?? ●車両保険に入っていれば水害で保険は降りる。 ●豪雨では降りるが地震では降りない車両保険 [西日本豪雨では多くの家と共に自動車が被害を受けたが、自動車保険は支払われるのでしょうか??] 災害で保険が支払われるにはまず車両保険への加入が必要で、対人対物のみ加入では対象にならない。 車両保険に加入していてもエコノミーと一般型があり、補償内容が違っています。 一般型は全ての条件で補償されるタイプなので、従って保険料も割高になっている。 エコノミーは「車対車+A」「車対車限定危険」など呼び方が違うが、支払い条件が限定され、保険料が安い。 車両保険エコノミーFRは自損事故は補償されないが、災害などの保証は一般と同じ場合が多い。 どちらも台風など天災による水害も補償対象になっているが、例外もあります。 「地震、火山の噴火、によって引き起こされた災害」なので同じ時期に起きた大阪地震や、噴火による被害は補償されません。 たとえば地震で車が壊れ、同時に隣の車が豪雨で水没したとして、保険が降りるのは豪雨で水没した車だけです。 車両保険には地震特約もあり、保険料年5000円で最大50万円の支払いなので、あまりメリットはありません。 地震は起きた時の被害が大きいが、一生の間にそういう大地震に遭わない確率のほうが、ずっと高いです。 [火災保険で住宅は保証されるか] 車以上に重要な家ですが、全ての火災保険で水害が補償されるわけではありません。 火災保険は火災のみ対象のものと、水害も保証する「オールリスク型」があり、最近はオール型が増えている。 自分の保険で水害が補償されるのかどうか、分からない場合は保険会社に電話で問い合わせたほうが良い。 「オールリスク型」でもすべての水害が補償されるのではなく、条件が付けられています。 「床上浸水または45センチ以上の浸水」「建物評価額の30%以上の損害」が発生した場合だけ支払われる。 ある程度大きな被害でだけ保険が降り、役所が発行する罹災(りさい)証明が必要になります。 支払われる保険金額が各社バラバラで、一例では被害が大きい場合は、被害額の70%が補償される。 一方で被害が評価額の30%未満だと、契約額の10%程度しか支払われないなどがある。 住宅に入っていた家具などは、家具を補償に含めていた場合だけ支払われます。 例えば2000万円の火災保険で水害補償ありだと、2000万円を限度として被害額の70%まで保証される。(一例) 車両保険、火災保険ともに支払い基準が細かいので、僅かな差で支払われない人や、全額保証される人が出るでしょう。

閲覧回数124 pv