JNS

お盆をふるさとや行楽地で過ごす人たちの帰省ラッシュは、高速道路と新幹線で今月11日がピークとなる見通しです。 高速道路各社によりますと、下りは11日、上りは14日がピークとなる見込みです。11日の午前中にはいずれも下り線で、中央道・相模湖インターチェンジ付近で45キロ、関越道・東松山インターチェンジ付近で40キロの渋滞が予測されています。 国土交通省は渋滞の緩和を図るため、ETC利用車の休日割引について、ピークが見込まれる11日と12日の土日は割引をせず、9日と10日の平日にずらすこととしました。 TBS NEWS http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3438039.html

閲覧回数124 pv