「星の王子さま」――必死におすすめたいん小説!ブックオフオンラインで中古価格は¥198(税込)だけ!!

本を読むのが好きです。大好きな本をみんなにおすすめなければダメってタイプです。今回はどうしてもみんなに見てほしくて超素晴らしい本の情報をまとめました。もし、皆さんが何かいい本を見かけたら、ぜひ教えてください!

「星の王子さま」



星の王子さまはフランスの飛行士・作家アントワーヌ・ド・サン・テグジュペリに書かれて1943年に出版された小説です。この本の中の主人公は宇宙の星より地球に来た王子様です。

あらすじ:

操縦士の「ぼく」は、サハラ砂漠に不時着する。1週間分の水しかなく、周囲1000マイル以内に誰もいないであろう孤独で不安な夜を過ごした「ぼく」は、翌日、1人の少年と出会う。話すうちに、少年がある小惑星からやってきた王子であることを「ぼく」は知る。

王子さまは他の小惑星をいくつか訪れるが、そこで出会うのは

1.自分の体面を保つことに汲々とする偉そうにしているな王様

2.褒められる言葉しか耳に入らない自惚れ屋

3.酒を飲む事を恥じ、それを忘れるために酒を飲む呑み助

4.星の所有権を主張し、その数の勘定に日々を費やすビジネスマン

5.1分ごとにガス灯の点火や消火を行なっている点燈夫

6.自分の机を離れたこともない地理学者

王子さまは変な人と思っていて七番目の星「地球」に訪ねてきた。

地球の砂漠に降り立った王子は、まずヘビに出会う。その後、王子は高い火山を見、数千本のバラの群生に出会う。自分のバラの花を愛おしく、特別に思っていた王子は、自分自分の星のバラよりずっとたくさんのバラを見つけて、自分のバラはたった一つのじゃないことにショックされ、泣く。

キツネとの出会い

泣いている王子のところに、キツネが現れる。キツネによれば、「仲良くなる」とは、あるものを他の同じようなものとは違う特別なものだと考えること、あるものに対して他よりもずっと時間をかけ、何かを見るにつけそれをよすがに思い出すようになることだという。これを聞いた王子は、いくらほかにたくさんのバラがあろうとも、自分が美しいと思い精一杯の世話をしたバラはやはり愛おしく、自分にとって一番のバラなのだと悟る。

キツネとの別れ

キツネと別れるときになり、王子は自分がキツネと「仲良く」なっていたことに気付く。別れの悲しさを前に「相手を悲しくさせるのなら、仲良くなんかならなければ良かった」と思う王子に、「黄色く色づく麦畑を見て、王子の美しい金髪を思い出せるなら、仲良くなった事は決して無駄なこと、悪い事ではなかった」とキツネは答える。別れ際、王子は「大切なものは、目に見えない」という「秘密」をキツネから教えられる。

僕との別れ

飛行機を直した僕は井戸を探しに行った王子さまを見つけた時、王子さまはへびと話していた王子が砂漠にやってきたのは、1年前と星の配置が全く同じ時に、ヘビに噛まれることで、身体を置いて自分の小惑星に帰るためだったのだ。別れを悲しむ「ぼく」に、「自分は自分の星に帰るのだから、きみは夜空を見上げて、その星のどれかの上で、自分が笑っていると想像すれば良い。そうすれば、君は星全部が笑っているように見えるはずだから」と語る。王子はヘビに噛まれて砂漠に倒れた。

心から好きですから、本も映画も見ました。「王子さまが死んだ。」と映画を一緒に見た友達に何度も言ったけど、「じゃないよ、王子さまは小惑星B612に戻って行った。」と友達が強く主張している。その時は分かった。みんなのこころのなかには王子さまが住んでいる。大人の私たちが変わったじゃなくて、ただいろいろを忘れてしまっただけなんだ。王子さまが死んでしまったことは大人の頭を持っている私たちが見た物語の結局だ。王子さまが自分の星に戻って自分の愛しているバラと幸せに暮らしていると子供の心を持っている私たちが強く信じている。実際は忘れている私たちは思い出に戻ってきたのだと思ている。

自分の感想をうまく言えないけど、読者たちがこの本を読んだ後のレビューをまとめました。みんなはこの本についてどう思っているのかを見てみましょう。

1.君の膵臓をたべたいに登場していたので無性に読みたくなって読了。読んで正解だった、終始大人になった人達に話しかけているような語り口。本当に大切なものは目に見えないと言った大人に向けた童話。誰かの特別になるとはどういった事なのかを考えさせられた。

2.大人は…という表現がたくさん出てきて、大人の凝り固まった頭をほぐしてくれるような本でした。絵も可愛らしく、おはなしも短いので、すぐに読めました。難しいことは何も書いてないのに、うーんなるほどと感じるセリフが多いです。

3.ずいぶん昔だったかな、この本に触れたのは。改めて読んでみて、こんなに感動するとは思わなかった。その時の年齢だったり、状況だったりで、その時にはわからなかったことにハッと気がついたりすることがある、例えるならそんな本なのかも。



「星の王子さま」は実に何度読んでも感動される本です。どうしてもおすすめしたいんです。興味のある方はぜひ一度読んでみてください。ところで、映画化の「リトルプリンス 星の王子さまと私」もすごくいい作品なので、映画版もおすすめします。時間限定のクーポン還元やお得なセールなどのキャンペーンがあるそうです。好きな方はどうぞお見逃しなく!

本の関連サイト:https://www.savings.co.jp/store/bookoffonline.co.jp

映像の関連サイト:https://www.savings.co.jp/store/hmv.co.jp

nice

avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar

26 nice  View All▼

Posts by this user

新しいRELEASEはこちら : RELEASE.SC

「星の王子さま」――必死におすすめたいん小説!ブックオフオンラインで中古価格は¥198(税込)だけ!!

本を読むのが好きです。大好きな本をみんなにおすすめなければダメってタイプです。今回はどうしてもみんなに見てほしくて超素晴らしい本の情報をまとめました。もし、皆さんが何かいい本を見かけたら、ぜひ教えてください!

「星の王子さま」



星の王子さまはフランスの飛行士・作家アントワーヌ・ド・サン・テグジュペリに書かれて1943年に出版された小説です。この本の中の主人公は宇宙の星より地球に来た王子様です。

あらすじ:

操縦士の「ぼく」は、サハラ砂漠に不時着する。1週間分の水しかなく、周囲1000マイル以内に誰もいないであろう孤独で不安な夜を過ごした「ぼく」は、翌日、1人の少年と出会う。話すうちに、少年がある小惑星からやってきた王子であることを「ぼく」は知る。

王子さまは他の小惑星をいくつか訪れるが、そこで出会うのは

1.自分の体面を保つことに汲々とする偉そうにしているな王様

2.褒められる言葉しか耳に入らない自惚れ屋

3.酒を飲む事を恥じ、それを忘れるために酒を飲む呑み助

4.星の所有権を主張し、その数の勘定に日々を費やすビジネスマン

5.1分ごとにガス灯の点火や消火を行なっている点燈夫

6.自分の机を離れたこともない地理学者

王子さまは変な人と思っていて七番目の星「地球」に訪ねてきた。

地球の砂漠に降り立った王子は、まずヘビに出会う。その後、王子は高い火山を見、数千本のバラの群生に出会う。自分のバラの花を愛おしく、特別に思っていた王子は、自分自分の星のバラよりずっとたくさんのバラを見つけて、自分のバラはたった一つのじゃないことにショックされ、泣く。

キツネとの出会い

泣いている王子のところに、キツネが現れる。キツネによれば、「仲良くなる」とは、あるものを他の同じようなものとは違う特別なものだと考えること、あるものに対して他よりもずっと時間をかけ、何かを見るにつけそれをよすがに思い出すようになることだという。これを聞いた王子は、いくらほかにたくさんのバラがあろうとも、自分が美しいと思い精一杯の世話をしたバラはやはり愛おしく、自分にとって一番のバラなのだと悟る。

キツネとの別れ

キツネと別れるときになり、王子は自分がキツネと「仲良く」なっていたことに気付く。別れの悲しさを前に「相手を悲しくさせるのなら、仲良くなんかならなければ良かった」と思う王子に、「黄色く色づく麦畑を見て、王子の美しい金髪を思い出せるなら、仲良くなった事は決して無駄なこと、悪い事ではなかった」とキツネは答える。別れ際、王子は「大切なものは、目に見えない」という「秘密」をキツネから教えられる。

僕との別れ

飛行機を直した僕は井戸を探しに行った王子さまを見つけた時、王子さまはへびと話していた王子が砂漠にやってきたのは、1年前と星の配置が全く同じ時に、ヘビに噛まれることで、身体を置いて自分の小惑星に帰るためだったのだ。別れを悲しむ「ぼく」に、「自分は自分の星に帰るのだから、きみは夜空を見上げて、その星のどれかの上で、自分が笑っていると想像すれば良い。そうすれば、君は星全部が笑っているように見えるはずだから」と語る。王子はヘビに噛まれて砂漠に倒れた。

心から好きですから、本も映画も見ました。「王子さまが死んだ。」と映画を一緒に見た友達に何度も言ったけど、「じゃないよ、王子さまは小惑星B612に戻って行った。」と友達が強く主張している。その時は分かった。みんなのこころのなかには王子さまが住んでいる。大人の私たちが変わったじゃなくて、ただいろいろを忘れてしまっただけなんだ。王子さまが死んでしまったことは大人の頭を持っている私たちが見た物語の結局だ。王子さまが自分の星に戻って自分の愛しているバラと幸せに暮らしていると子供の心を持っている私たちが強く信じている。実際は忘れている私たちは思い出に戻ってきたのだと思ている。

自分の感想をうまく言えないけど、読者たちがこの本を読んだ後のレビューをまとめました。みんなはこの本についてどう思っているのかを見てみましょう。

1.君の膵臓をたべたいに登場していたので無性に読みたくなって読了。読んで正解だった、終始大人になった人達に話しかけているような語り口。本当に大切なものは目に見えないと言った大人に向けた童話。誰かの特別になるとはどういった事なのかを考えさせられた。

2.大人は…という表現がたくさん出てきて、大人の凝り固まった頭をほぐしてくれるような本でした。絵も可愛らしく、おはなしも短いので、すぐに読めました。難しいことは何も書いてないのに、うーんなるほどと感じるセリフが多いです。

3.ずいぶん昔だったかな、この本に触れたのは。改めて読んでみて、こんなに感動するとは思わなかった。その時の年齢だったり、状況だったりで、その時にはわからなかったことにハッと気がついたりすることがある、例えるならそんな本なのかも。



「星の王子さま」は実に何度読んでも感動される本です。どうしてもおすすめしたいんです。興味のある方はぜひ一度読んでみてください。ところで、映画化の「リトルプリンス 星の王子さまと私」もすごくいい作品なので、映画版もおすすめします。時間限定のクーポン還元やお得なセールなどのキャンペーンがあるそうです。好きな方はどうぞお見逃しなく!

本の関連サイト:https://www.savings.co.jp/store/bookoffonline.co.jp

映像の関連サイト:https://www.savings.co.jp/store/hmv.co.jp



Posted date August8,2018

View count38 pv


comment





Share





147pv