今の携帯の鍵(ロック)を開けてしまえッ!! 日本だけ!?檻から脱出するなら今からでも遅くはないッ!! きっと多くが気にしている携帯のSIMのこと。の続き さて、前回書いた3大キャリアで契約をした携帯(スマートフォン)はSIMにロック(鍵)がかかっているので、 この鍵(ロック)を開けちゃえばいいのです。*SIMロックからSIMフリーへ https://release.co.jp/r/458025/ えっ!? どこでその鍵は手に入るの? どこでロック解除ができるの? はい、簡単です。 3大キャリアのショップに行けばロック解除はできます。 ロック解除するのにもお金を取ることは癪に触る方もいると思いますが、 ¥3、000 の コストで https://gori.me/mobile/smartphone/75509 携帯の通信業界から縛りなく自由になれるのはとても大きいことだと思います。 iPhoneなど該当するスマートフォンSIMロック解除は各キャリアのHPでも記載があるので、 ご自身のスマートフォンがどのスペック(タイプ)なのかを再度調べてみると良いでしょう。 このロック解除は日本の総務省からもしっかりと記載がある訳なんですよ。 *モバイルサービスの提供条件・端末に関する指針 それもここ最近なんですけどね。 ↓ http://www.soumu.go.jp/main_content/000486992.pdf 以前はSIMロックは当然でしたが、今はSIMロック解除は総務省が義務化をしています。 今回はSIMロック解除がどのようなことなのか分からないという方のために分かりやすく説明したり SIMロック解除が可能なことでどのようなメリットがあるのか、注意しておかないといけないことなども記載があるのでどうぞ。 ↓ https://simchange.jp/simrock-mic/ 自分自身の携帯のSIMのロックがないだけで、 どれだけ開放感があるか、この旅に出た人だけが分かるプレゼントでしょう。 電化製品店でSIMフリースマートフォンコーナーで一所懸命ブースで売っているのも目に入ってきていると思います。 好きな車(車に置き換えた携帯端末)に乗りたいじゃないですか!? ドライバー(キャリア)は誰に(どれに)するかは生活者・私たちの#自由でいいのです。 それが国内外で旅に出た時にどれだけ良いかを実感することでしょう。 携帯端末のキャリアの話しが主語になっている国は日本くらいしかないのです。それは外国人からはストレインジな会話なのです。 僕の携帯は「どこのキャリアでもないです。iPhoneとzenfoneという端末(車)をドライブ(運転)しています。」 そしてiPhoneという車は、4年前にフィリピンで購入しました。 もともとSIMフリーのiPhoneです。 国内でもアップルストアで購入することが出来てた時期もありました。 てんとう虫🐞になって自由に世界をおいしく旅するLadybug-Shinnosuke がお届けする携帯のSIM編 Ladybug-Shinnosuke which it becomes ladybug 🐞, and takes a trip to the world deliciously freely sends it About SIM of the cell-phone

閲覧回数199 pv