『トヨモーター展 メイド・イン・刈谷のオートバイ物語』 かつて刈谷駅の近くにあったオートバイメーカー、トヨモータース。1949年から自転車に取り付ける補助エンジンを製造すると、瞬く間に全国に普及し、戦後復興期の庶民の足となりました。 実用性を重視し、多様なモデルに発展した《トヨモーター》10年の軌跡を、貴重な実車、設計図、パンフレット、写真などで紹介。また、同時期に約70のメーカーが存在し、公道レースが行われた中京圏のオートバイ史も合わせて概観します。 【会期】平成30年7月21日(土曜)から9月2日(日曜) 【会場】刈谷市美術館 1階展示室、ロビー 【入場料】無料  https://www.city.kariya.lg.jp/museum/exhibition/schedule/H30toyomoter.html

閲覧回数135 pv