JNS

中国・台湾のサンマ漁獲量は日本の2倍! 海水温の低下が豊漁をもたらす! 今年のサンマは、水揚げ量が多いだけではなく、昨年と比べて1.3倍ほどサイズが大きい。小型魚が少ないため、水揚げしたサンマが商品として流通する割合が、昨年50%ほどだったのに対し今年は80%ほどになり、漁業関係者は喜びに堪えない。そして、その効果は、消費者にも恩恵を与えている。産地の北海道では、季節を先取りした新鮮なサンマが、一匹100円支払えば、食卓に上るようになっているのだ。 北極海の氷が溶けると・・・ FNN.jpプライムオンライン https://www.fnn.jp/posts/00356570HDK

閲覧回数183 pv