\残暑を乗り切ろう/ 傷みにくいお弁当 梅雨時に限らず、気温が高いと気になるのがお弁当の傷み。パパや自分が仕事に持っていくお弁当、子どもが幼稚園や校外学習に持っていくお弁当…フタを開けた瞬間、イヤ~なニオイがしたら台無しです。特に子どもは気づかずに食べてしまうこともあるので、怖いですよね。そこで今週は、お弁当を衛生的に保ち、食中毒を防ぐポイントをお届けします。 <まずは清潔第一> 「傷みにくいお弁当」というと、どうしても詰めるおかずやご飯に目が行ってしまいがちですが、大前提として道具を清潔にすることが大切です。お弁当箱や箸箱・シリコンカップなどはすみずみまでよく洗いましょう。特にプラスチックやシリコン素材のものは油分が残りやすいので気をつけてください。フタにパッキンがあるタイプのものは、外さずに洗うとその部分だけ汚れが残り、雑菌が繁殖するもとになりますので、外して丁寧に洗うようにしましょう。熱湯やキッチン用の漂白剤を使っての殺菌も効果的です。 お弁当グッズを収納するときは、完全に乾いたのを確認してから収納しましょう。半乾きのまま収納すると、そこから雑菌が繁殖しやすくなります。収納場所も、湿気の多い暖かい場所はカビが生えやすいので、できるだけ風通しの良いところに片付けるようにしてください。 また、お弁当を作るときの手洗いも重要です。調理を始める前はもちろん、調理中も肉や魚などの生鮮食品に触れた後や、食材が入っていた入れ物に触れた後など、こまめにハンドソープなどを使って洗うようにしましょう。もちろん、洗った後に手を拭くタオルも清潔なものを準備しておいてください。調理に使う箸や包丁・まな板も清潔に保ち、生モノに使用した道具を洗わずに別の食材に使用したりするのはやめましょう。お弁当箱におかずを詰めるときも、直接手で触れず箸を使って入れるなど、少しでも菌の付着を防ぐよう心がけます。 <傷みにくいオススメおかず> ●鶏の唐揚げ しょうが汁を使い濃い目に下味を付け、中までしっかり火を通しましょう。 ●豚のしょうが焼き しっかり味の生姜焼きは、冷めても美味しいのでお弁当にピッタリ ●お肉の梅しそ巻き 鶏肉・豚肉・牛肉のどれでも作れ、梅としその抗菌作用が期待できます。 ●野菜のピクルス(マリネ) お弁当には危険な生野菜も、ピクルスにしておけば酢酸効果で傷むのを予防してくれます。 ミニトマトやパプリカは彩りも良くなるのでオススメ。 ●オクラのおかか和え グリーンが入るので彩りも良くなり、おかかが水分を吸い取ってくれます。 菌を繁殖させないようにすることが大切です! その他お弁当づくりのポイントなど詳しい内容はコチラ↓ https://www.apapanet.com/contents/manual/manual_180917.html #夏バテ #季節の変わり目 #お弁当

閲覧回数105 pv