\残暑を乗り切ろう/ 秋バテにご注意を 夏をやっと乗り切った気がするこの頃ですが、「涼しくなってきたのにまだダルい」「夏の疲れが取れない気がする」などという方はいらっしゃいませんか?それは、「秋バテ」の兆候かもしれません。夏の疲れは早めにリセットして、快適な秋を過ごしましょう。 <秋バテってなに?> 夏の暑い時期に現れる、疲労感やだるさ・食欲不振・不眠・冷え・コリ・無気力・下痢・便秘・頭痛・めまいなどの症状が「夏バテ」です。本来なら、暑さがやわらぎ過ごしやすくなってくると徐々に回復していくものですが、そういった症状がずっと続いたり、秋になってから症状が出てくることを「秋バテ」と言います。季節の変わり目の不安定な気候も重なるためか、最近では夏よりも秋に不調を感じるという方も多いようです。 寝込むほどのわかりやすく辛い症状が出ることは少なく、「なんとなく具合が悪い」という程度なので、だましだまし過ごしてしまいがちですが、「なんとなく」もずっと続くと身体に様々な支障がでてきます。意識して対策を取り、早く治して楽しい秋を過ごしましょう。 <秋バテの原因は?> 体調を崩す原因はいろいろ考えられますが、以下のようなものが挙げられます。 ●夏の高温多湿と紫外線の強さ ●冷房による冷えと室内外の温度差 ●冷たい飲食物による胃腸機能の低下 ●季節の変わり目の朝晩の寒暖差 こういったものが原因で、自律神経が不安定になったり、内臓が冷えて消化機能が落ち、秋バテの症状になって現れます。冷房の効いた部屋で長時間過ごすことが多い方、冷たい飲食物を多く取る方、湯船につからずシャワーだけで入浴を済ませる方、裸足が好きな方、胃腸が弱い方などは、秋バテになるリスクが高いです。夏バテ知らずで夏の間は元気に過ごしていた方も、秋になって急にガクッと体調が悪くなることがありますので、気をつけましょう。 秋を元気に過ごすポイントや秋バテ対策ご飯のレシピなど 詳しい内容はコチラ↓ https://www.apapanet.com/contents/manual/manual_180917.html #夏バテ #季節の変わり目 #食欲の秋 #コラム

閲覧回数116 pv