前世紀末から作りやすいアニメーション、楽しい仕掛けを作りやすかった事で流行したflash。 一時期はどのサイトにもあったflashですが、時代が流れるとともにその危険性が指摘されるようになりました。 appleのジョブスがflashは危険だからiphoneには入れないと宣言してから8年。ほとんどのサイトからはflashが消えましたが、放置しているサイトにはまだflashが残っています。 今、そのflashを見るにはAdobe flash playerをダウンロードする必要があるのですが、セキュリティ面での問題もある以上、けしておすすめできることではありません。 adobeは2020年にはflashのサポートの終了すると決めています。つまり、そのまま放置されたflashは3年後にはさらに見てもらえる機会が少なくなるといえます。 代替になったjQueryが浸透し、flashが新たに作られることは今後ほぼないでしょう。 一時代を作ったflashに感謝しつつ、ここでは皆様の会社のウェブサイトにまだflashが残っているようであれば、あと3年あるからと思わず、早めの削除をお勧めいたします。

閲覧回数96 pv