\お金の運用を考えてみよう/
iDeCoについて学ぼう

将来のことを考えて「資産運用してみたい」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?そこで、3回ににわたって「お金の運用を考えてみよう」というテーマで、話題になっている「一般NISA」と「つみたてNISA」、「iDeCo(イデコ)」について学んでみたいと3回目は「iDeCo(イデコ)」について西日本シティ銀行の営業企画部・井上祥子さんにお話をうかがいました。

<「iDeCo」とは何ですか?>

「iDeCo(イデコ)」は正式には「個人型確定拠出年金」という名称で、端的に言えば「節税しながら、老後資金を準備することができる制度」です。

「年金」というと皆さんがご存知なのは国民年金や、サラリーマンの方であれば厚生年金といった公的年金を思い浮かべると思います。しかし、ゆとりあるセカンドライフを送ろうと考えた場合、国民年金や厚生年金といった国からもらえる公的年金だけでは不足額が生じると言われています。

そこで、これら公的年金とは別に、個人で定期的に掛金を積み立てるとともに運用方法を選択し、運用した資産を将来受け取るもの、いわば個人で形成する年金が「iDeCo」です。iDeCoでは、60歳まで毎月掛金を積み立て、60歳以降に受け取りができます。(加入期間によって受給開始年齢は異なります。)西日本シティ銀行では「一時金」または「年金(5年から20年の間で1年単位で選択)」、一時金と年金を合わせた「併給」の3つの方法を選択する事ができます。

今なぜ話題になっているのかというと、法改正により2017年の1月以降、今まで加入できなかった公務員、専業主婦、サラリーマンも任意で加入できるようになったからです。(※現在ご加入されている年金制度の内容によって、ご加入できない場合があります。)
iDeCoには他の積立商品にはない特徴がありますので、具体的なポイントを挙げながら説明していきましょう。

●税金が軽くなります
iDeCoでは、前述したように60歳まで毎月掛金を積み立てていきますが、この掛金は全額所得控除の対象となります。

●月々5,000円からはじめられます
iDeCoでの掛金は月額5,000円以上と定められており、1,000円単位で積立金額を決めていただくことができますが「拠出限度額(いわゆる上限)」が決まっていて、数百万円といった大きな額を掛けることはできません。

●運用商品は定期貯金でもOK
iDeCoは掛金を積み立てるとともに運用方法を選択し、運用した資産を将来受け取ることができます。積み立てるお金を投資信託で運用することも可能です。

その他、注意点など詳しい内容はコチラ↓
https://www.apapanet.com/contents/manual/manual_181029.html

#資産運用

\お金の運用を考えてみよう/
iDeCoについて学ぼう

将来のことを考えて「資産運用してみたい」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?そこで、3回ににわたって「お金の運用を考えてみよう」というテーマで、話題になっている「一般NISA」と「つみたてNISA」、「iDeCo(イデコ)」について学んでみたいと3回目は「iDeCo(イデコ)」について西日本シティ銀行の営業企画部・井上祥子さんにお話をうかがいました。

<「iDeCo」とは何ですか?>

「iDeCo(イデコ)」は正式には「個人型確定拠出年金」という名称で、端的に言えば「節税しながら、老後資金を準備することができる制度」です。

「年金」というと皆さんがご存知なのは国民年金や、サラリーマンの方であれば厚生年金といった公的年金を思い浮かべると思います。しかし、ゆとりあるセカンドライフを送ろうと考えた場合、国民年金や厚生年金といった国からもらえる公的年金だけでは不足額が生じると言われています。

そこで、これら公的年金とは別に、個人で定期的に掛金を積み立てるとともに運用方法を選択し、運用した資産を将来受け取るもの、いわば個人で形成する年金が「iDeCo」です。iDeCoでは、60歳まで毎月掛金を積み立て、60歳以降に受け取りができます。(加入期間によって受給開始年齢は異なります。)西日本シティ銀行では「一時金」または「年金(5年から20年の間で1年単位で選択)」、一時金と年金を合わせた「併給」の3つの方法を選択する事ができます。

今なぜ話題になっているのかというと、法改正により2017年の1月以降、今まで加入できなかった公務員、専業主婦、サラリーマンも任意で加入できるようになったからです。(※現在ご加入されている年金制度の内容によって、ご加入できない場合があります。)
iDeCoには他の積立商品にはない特徴がありますので、具体的なポイントを挙げながら説明していきましょう。

●税金が軽くなります
iDeCoでは、前述したように60歳まで毎月掛金を積み立てていきますが、この掛金は全額所得控除の対象となります。

●月々5,000円からはじめられます
iDeCoでの掛金は月額5,000円以上と定められており、1,000円単位で積立金額を決めていただくことができますが「拠出限度額(いわゆる上限)」が決まっていて、数百万円といった大きな額を掛けることはできません。

●運用商品は定期貯金でもOK
iDeCoは掛金を積み立てるとともに運用方法を選択し、運用した資産を将来受け取ることができます。積み立てるお金を投資信託で運用することも可能です。

その他、注意点など詳しい内容はコチラ↓
https://www.apapanet.com/contents/manual/manual_181029.html

#資産運用


SOURCE : www.apapanet.com
googleによる翻訳



投稿日 2018年11月2日    閲覧回数68 pv



この記事をSNSでシェアする

いいね

avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar

51 いいね  すべて見る▼



50pv