さて、前回、公的年金のざっくり計算方法をお伝えいたしましたが、皆さんは計算してみましたか?

ご覧になられていない方は
https://www.facebook.com/100002111858656/posts/2004069879673388/ 
計算してみてお分かりの通り、年金だけでは生活は難しいと感じたかと思います。 
年金受給者の平成28年度の平均の住居費を除いた生活費ですが
夫婦2人の場合、月26万円
独り身の場合、月14万円
との事です。 
住居費は、持ち家、賃貸によって変わるので、上記の数字に加算してみてください。 
例えば、生涯平均年収400万円、大卒サラリーマンの夫と、専業主婦の年の差夫が2歳上のカップルの場合 
年金額は
夫 78万+(400×55×37)=約159.4万円
妻 78万円

夫婦合計  約237.4万(月19.7万円)となります。
まあ、実際は、女性も独身の時に働いていれば、もう少し多いかと思いますが、分かりやすく、老齢基礎年金だけにしておきます。 
先程の平均生活費との差額は、月6.3万円+住居費となります。 
次に、65歳以降、何年生きるかを計算してみましょう。 
現在の平均寿命が、男性 約80歳  女性 約86歳となっていますので、65歳以降の2人で生活する年数は、約15年、年の差が2歳ですので、妻が独り身の年数は、約8年となります。 
ところで、妻が独り身になった場合の年金額ですが、自身の年金額に加え、遺族厚生年金が受給されます。

遺族厚生年金は、旦那の老齢基礎年金の3/4になりますので
81.4万円×0.75=約61万円となり
妻が独り身になった場合の年金額は
約139万円(月11.5万円)となります。

独り身の平均生活費との差額は、2.5万円+住居費となります。

住居費を除いた合計不足額は
6.3万×12×15年+2.5万×12×8年=1374万円となります。

これに、住居費が必要となりますので

月6万円の賃貸の場合
6万×12×23年=約1656万円が更に必要になります。

持ち家だと、固定資産税ぐらいなので
福岡市の平均的な固定資産税が、約11万円らしいので、月9000円ですので
9000×12×23年=約248万円となります。 
こうやってみると、持ち家の方が良い気はしますが、リフォームや修繕をするケースもありますので、余裕資金は必要かと思います。 
ざっくりとなりますが
目標積立額は
賃貸が、約3000万円
持ち家の場合、約2000万円となります。 
あくまでも平均値で算出しておりますので、長生きするケースも出てくるでしょうから、この数字を最低目標にして、これ以上の積立が出来るようにしていきたいですね。 
次回は、効率的な積立方法について、お話していきます。

さて、前回、公的年金のざっくり計算方法をお伝えいたしましたが、皆さんは計算してみましたか?

ご覧になられていない方は
https://www.facebook.com/100002111858656/posts/2004069879673388/
計算してみてお分かりの通り、年金だけでは生活は難しいと感じたかと思います。
年金受給者の平成28年度の平均の住居費を除いた生活費ですが
夫婦2人の場合、月26万円
独り身の場合、月14万円
との事です。
住居費は、持ち家、賃貸によって変わるので、上記の数字に加算してみてください。
例えば、生涯平均年収400万円、大卒サラリーマンの夫と、専業主婦の年の差夫が2歳上のカップルの場合
年金額は
夫 78万+(400×55×37)=約159.4万円
妻 78万円

夫婦合計 約237.4万(月19.7万円)となります。
まあ、実際は、女性も独身の時に働いていれば、もう少し多いかと思いますが、分かりやすく、老齢基礎年金だけにしておきます。
先程の平均生活費との差額は、月6.3万円+住居費となります。
次に、65歳以降、何年生きるかを計算してみましょう。
現在の平均寿命が、男性 約80歳 女性 約86歳となっていますので、65歳以降の2人で生活する年数は、約15年、年の差が2歳ですので、妻が独り身の年数は、約8年となります。
ところで、妻が独り身になった場合の年金額ですが、自身の年金額に加え、遺族厚生年金が受給されます。

遺族厚生年金は、旦那の老齢基礎年金の3/4になりますので
81.4万円×0.75=約61万円となり
妻が独り身になった場合の年金額は
約139万円(月11.5万円)となります。

独り身の平均生活費との差額は、2.5万円+住居費となります。

住居費を除いた合計不足額は
6.3万×12×15年+2.5万×12×8年=1374万円となります。

これに、住居費が必要となりますので

月6万円の賃貸の場合
6万×12×23年=約1656万円が更に必要になります。

持ち家だと、固定資産税ぐらいなので
福岡市の平均的な固定資産税が、約11万円らしいので、月9000円ですので
9000×12×23年=約248万円となります。
こうやってみると、持ち家の方が良い気はしますが、リフォームや修繕をするケースもありますので、余裕資金は必要かと思います。
ざっくりとなりますが
目標積立額は
賃貸が、約3000万円
持ち家の場合、約2000万円となります。
あくまでも平均値で算出しておりますので、長生きするケースも出てくるでしょうから、この数字を最低目標にして、これ以上の積立が出来るようにしていきたいですね。
次回は、効率的な積立方法について、お話していきます。





投稿日 2018年12月2日    閲覧回数80 pv



この記事をSNSでシェアする

コメント



いいね

avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar

61 いいね  すべて見る▼



41pv