皆さん、「事業家」、「実業家」、「企業家」、「起業家」、「経営者」それぞれの意味ご存知だと思いますが…私はちょっとド忘れしてたので、自分なりに調べてみました。 「事業家」とは、事業を企て、経営する人のことです。特に事業の経営に巧みな人をいいます。 「実業家」とは、事業の経営をする人のこと。「事業家」よりも対象となる事業の範囲が狭くなり、実業とは、農業・工業・商業・水産など、生産・流通・販売に関する事業のことです。 ちなみに、実業の対義語は「虚業」で、投機・投資取引のような堅実でない事業をいうそうです。このような事業を営むものは、「実業家」ではなく虚業家というそうです。そして、若いお金持ちの「経営者」というイメージを強調するために、「青年実業家」が使われる場合は、投機・投資を繰り返しているだけの虚業家が含まれることも多いそうです。 「企業家」とは、企業を起こした人や、企業の「経営者」のこと。「経営者」や「事業家」と言わず、あえて「企業家」と表現する場合は、新技術や新製品、新しい生産方式の導入、経営や組織の改善をするなど、創造的な面を持ち合わせた「経営者」の意味で使われます。 「起業家」とは、新しく事業を起こす人。新しく事業を起こして運営する人のことで、特に新しく事業を起こすことを専門に行う人に対していうことが多いです。 「企業家」と「起業家」は似ていますが、「企業家」が企業を新たに起こした人であるのに対し、「起業家」は事業(仕事)そのものを新たに起こした人のことを指します。「事業家」とも似ていますが、新たな事業という点では異なります。 「経営者」とは、企業を経営する人のこと。企業や事業を新たに起こしてない人でも、経営権の譲渡などで経営する立場になっていれば「経営者」といいます。 そうだった、そうだった!と思い出すのも最近は歳のせいか…一苦労です|д꒪ͧ)…

閲覧回数195 pv