テザー(USDT)の米ドル準備金を複数月で確認できたーブルームバーグ調査報告 仮想通貨テザー(USDT)は実際のドル金額の裏付けがあるかl⁉️ それとも巨大な計画しか何もないもう一つのコインなのか、と考えたことありますか。 では、全体のストーリを見てみましょう。 • 2017年1月 CTFC(商品先物取引委員会)はBitfinexとTether社の資産を調査開始。その時にUSDTトークン発行は2か月間中止。 •2017年9月 テザー社はプエルトリコのNoble Bank(ノーブルバンク)の口座を作り、たったの1っか月で0ドルから約4億ドルまで金額を送金できた!いい結果ですね!) • 2018年6月 テザー社はバハマに拠点を置くDeltec Bank(デルテック・バンク)との提携を発表し、資産を引き出し始めた。 • 2018年10月31日 Deltec Bankがテザー社の18億ドルの資金を保有していると確認した。 同日、Coinmarketcap.comのデータによると、市場に存在したテザー(USDT)の数は同じでした。 Bloombergも、2017年9月と10月のデータの正確さを確認して、「テザーは十分なドル準備金を持っている」と結論した。🙄 だから、USDTはドル2.0であると疑問がない!😂 せめて、Bloombergはその安全性を確認したから🤫😉 香港の仮想通貨支払いサービスのスタートアップCrypto.com(旧モナコ)は、ハードウェアウォレット大手Ledger(レジャー)社と覚書(MoU)を締結した事を発表しました。Ledgerは、Crypto.comチェーン上のクリプト支払いソリューション「Crypto.com Pay」を導入して、クリプト支払いに対応するという。 「Crypto.com Pay」が統合される事で、Ledgerのオンラインストアで利用可能になります。ユーザーは、Ledgerストアからアイテムを購入する際、Crypto.comの支払いオプションを使用して、希望の暗号通貨でシームレスかつ安全に支払いできます。 プレスリリースでは、Crypto.com Pay機能でサポートされる暗号資産は明かされていませんが、Crypto.comのウォレットは7種類の暗号資産(Bitcoin、Live、Litecoin、Monaco、Binance Coinなど)をサポートしています。 この間Ledgerは、ドイツのSTO(セキュリティトークンオファリング)のプラットフォームであるNeufundとの連携を発表した。連携の目的は、セキュリティトークン用のフレームワーク作成だそうです。 しかし今日は、セキュリティトークンではなく、今日のヒーローであるMCOトークンを購入! 🏦 MCO は HUOBI で 2.05ドルで購入しまた 📊 💼ポートフォリオを確認してください (http://bit.ly/2xAmkIc) 💼

閲覧回数150 pv