昨日のUSDTについてのポストから、ステーブルコインについて質問がたくさんもらった!から、今日は説明しようと思ってました😊 現在市場には様々なステーブルコインが存在します。テザー(Tether)、TrueUSD、BitUSDなど。 ステーブルコインとは、価格が安定した仮想通貨のことです。 種類は大きく分けて3つとなります。 • 法定通貨担保型(BitUSD, TrueUSD) • 仮想通貨担保型(BitUSD, DAIトークン) • 無担保型(Seigniorage shares) 経済状況が安定していない国では、ステーブルコインは法定通貨(フィアット通貨)の代わりになれるという意見も聞かれています。 皆さんの質問に答えるのは大好きです!❤️😊 もう一つのQ&Aセッションを行ってみましょうか。12月26日(水)から28日(金)までに質問募集中です!そして、いつも通り、市場のも白い5問を選んで、ここで答えます😊🤟 では、ゲームスタート! 🤩 イーサリアム(ETH)の共同設立者であるJoseph Lubin(ジョセフ・ルービン)氏は、現在の仮想通貨市場は「クリプトボトム(仮想通貨の低迷期)」であると発言しました。 価格下落は仮想通貨やブロックチェーンに関する知見を有していない人々による、「膨大な量の恐れ、不確実性、疑いによってもたらされました」と説明しています。 特に業界のメディアやソーシャルコメンテーターはその感情になっていると追加しました。 そして、ルービン氏が立ち上げたブロックチェーン企業「ConsenSys(コンセンシス)」が、大希望の人員削減にもかかわらず、「ブロックチェーン技術のインキュベーター・ベンチャー業として」、今後も外部のプロジェクトへの投資を続けると述べた。 同じツイッターで、4番手、5番手の人と呼ばれたジャーナリストやブロガーによって「壮大な量の推測や先制的なパラノイア」が引き起こされていると述べた。彼らは、「実際のデータを持たず、大した知見もない」と苦言を呈しました。 しかし、最後にルービン氏はConsenSys社とEthereumの長期的な見通しについては楽観視であると言いました。 それで今日購入する仮想通貨は、Ethereumです。 🏦 Coinsuper で ETH を126.94 ドルで購入しまた 📊 💼ポートフォリオを確認してください (http://bit.ly/2xAmkIc) 💼

閲覧回数163 pv