Hollywoodは仮想通貨に夢中 仮想通貨はハリウッドで大騒ぎになっている。仮想通貨プロジェクトでアドバーザーをやっているハリウッドスターもいるでしょう。(今こう後悔していると思うけど🙄) 今世界が仮想通貨に夢中している中で、ハリウッドのプロデュューサーもそれに注目して、、ニューヨークで仮想通貨を題材にした映画を撮影すると発表した。 そのテーマを追って撮影した初めての映画(ベトナムせのBitcoin Heistという映画もある)ではないが、Hollywood製初の映画になる。Kurt RussellとJeremie Harrisなどの有名人も出てくるそう! ⭐️ Beau Knapp氏演じる主人公が、ニューヨークの故郷に戻り、汚職と詐欺の事件を調査するというストーリーで、ラッセル氏は、プレス資料によると、ナップ氏の父親の役を演じています。 私はそのムービーを見たくてたまらない! 🤓 ハリウッドさえ仮想通貨で設け始めた🙈😬 仮想通貨取引所バイナンスであるChangpeng Zhao (https://twitter.com/binance/status/1077544972037943299?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1077544972037943299&ref_url=https%3A%2F%2Fforklog.com%2Fglava-krupnejshej-kriptovalyutnoj-birzhi-ozhidaet-moshhnogo-rosta-industrii%2F)(ジャオ・チャンポン)氏は、2018年のまとめ通貨をして、2019年に対する抱負を語った。彼の仮想通貨未来の見方はとても楽観的であるとは言える。 2018年の仮想通貨を「調整の年だった」と総括して、それはいつか送るべきだったと考えているZhao氏は、相場悪化の要因として、ICOプロジェクトから期待した結果不足、大手な取引所のハッキング、規制不足と「愚かなフォーク」と述べた。 Binance自体にとっては、BUIDLの概念を使用して、ウガンダとジャージーで法定通貨(フィアット)をサポートする取引所の設立、いくつかの法域でセキュリティトークン対応取引所を開設のためにライセンス取得など、いくつかの重要なプロジェクトに成功できた年でした。 そしてもちろん、2018年にBinance Chainという独自のブロックチェーンを作成した!それがは新しい分散型取引所の基礎となるそうです。 Changpeng Zhao氏、未来のことをポジティブい考え、市場がピークに達した1年前よりも多くの可能性があると述べています。だからこそ、私のポートフォリオにBNB追加したいのです! 🏦 BNB は Binance で 5.54ドルで購入しまた 📊 💼ポートフォリオを確認してください 💼

閲覧回数187 pv