2018年3月発売のバロキサビル マルボキシル(一般名)はインフルエンザウイルス自体が細胞の中で増殖できないようにする仕組みを持つ。オセルタミビルリン酸塩などが効かない耐性ウイルスでも治療できる可能性がある。
インフルエンザウイルスのRNAを合成するRNA合成酵素(RNAポリメラーゼ)を構成するPA,PB1,PB2のタンパク質群からなる。バロキサビル マルボキシルは、そのうちの一つPAが持つキャップ依存性エンドヌクレアーゼ
活性を選択的に阻害し、ウイルスmRNAが、合成されずウイルス増殖が抑制される。
以前から使用しているオセルタミビルリン酸塩などの治療薬はウイルスが、細胞外に出るのを抑えるが、増殖は抑えられなかった。
 製薬会社が実施した約1400人を対象にした臨床試験で、服用した半数が24時間でウイルスの検出がほぼなくなり、従来の治療薬よりも早くウイルスを抑えることを確認した。
抗インフルエンザ薬は現在、内服、吸入、点滴としてバロキサビル マルボキシル、オセルタミビルリン酸塩、ザナミビル水和物、ラニナミビルオクタン酸エステル水和物、ペラミビルがあります。
 
医)清涼会 大濠パーククリニック
頭痛外来
福岡市中央区大濠公園2-35 THE APARTMENT 2B
☎ 092-724-5520
http://www.ohori-pc.jp
低用量ピル、緊急避妊ピル、生理日移動ピルは以下を参照
http://fukuoka-ec-oc-pill.jp

#ノルレボ#治療#福岡#インフルエンザ#アフターピル#タミフル#イナビル#頭痛外来#フィナキシリド#ゾフルーザ

nice

avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar mystery avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar

52 nice  View All▼

Posts by this user

新しいRELEASEはこちら : RELEASE.SC

 2018年3月発売のバロキサビル マルボキシル(一般名)はインフルエンザウイルス自体が細胞の中で増殖できないようにする仕組みを持つ。オセルタミビルリン酸塩などが効かない耐性ウイルスでも治療できる可能性がある。
インフルエンザウイルスのRNAを合成するRNA合成酵素(RNAポリメラーゼ)を構成するPA,PB1,PB2のタンパク質群からなる。バロキサビル マルボキシルは、そのうちの一つPAが持つキャップ依存性エンドヌクレアーゼ
活性を選択的に阻害し、ウイルスmRNAが、合成されずウイルス増殖が抑制される。
以前から使用しているオセルタミビルリン酸塩などの治療薬はウイルスが、細胞外に出るのを抑えるが、増殖は抑えられなかった。
 製薬会社が実施した約1400人を対象にした臨床試験で、服用した半数が24時間でウイルスの検出がほぼなくなり、従来の治療薬よりも早くウイルスを抑えることを確認した。
抗インフルエンザ薬は現在、内服、吸入、点滴としてバロキサビル マルボキシル、オセルタミビルリン酸塩、ザナミビル水和物、ラニナミビルオクタン酸エステル水和物、ペラミビルがあります。
 
医)清涼会 大濠パーククリニック
頭痛外来
福岡市中央区大濠公園2-35 THE APARTMENT 2B
☎ 092-724-5520
http://www.ohori-pc.jp
低用量ピル、緊急避妊ピル、生理日移動ピルは以下を参照
http://fukuoka-ec-oc-pill.jp

#ノルレボ#治療#福岡#インフルエンザ#アフターピル#タミフル#イナビル#頭痛外来#フィナキシリド#ゾフルーザ


SOURCE : www.ohori-pc.jp

Posted date January14,2019

View count67 pv





Share





108pv