Je ne te suis pas. I don’t follow you. 意味がわかりません。 生殖可能年齢女性の5~8%でみられる。卵巣の表面が硬くなり、卵子が排卵しにくくなる疾患で、排卵されない卵胞は卵巣にとどまるため、超音波検査で多数の卵胞(嚢胞)を認める。 <診断基準(Ⅰ~Ⅲのすべてを満たす場合) Ⅰ 月経異常 Ⅱ 多嚢胞性卵巣 Ⅲ 血中男性ホルモン高値 またはLH基礎値高値かつFSH基礎値正常 <原因>  脳下垂体から分泌されるLH(黄体ホルモン)とFSH(卵胞刺激ホルモン)のバランスが崩れて、LHばかりが過剰分泌されることによって排卵が障害される。 PCOSの約30%ではインスリン抵抗性がある <症状>  無月経や月経不順、不妊、にきび、多毛、肥満、糖代謝異常 <治療> ①妊娠希望がない場合はホルムストルム療法 、Kaufmann療法、低用量ピル、柴苓湯、減量等 ②妊娠希望の場合 排卵誘発剤、腹腔鏡下卵巣多孔術、メトフォルミン、減量(5%) 医)清涼会 大濠パーククリニック 頭痛外来、ピル外来、美容皮膚科、婦人科、内科 福岡市中央区大濠公園2-35 THE APARTMENT 2B 092-724-5520 http://www.ohori-pc.jp 低用量ピル、緊急避妊薬、生理日移動ピルは以下を参照 http://www.ohori-pc.jp/pill/ #頭痛#ノルレボ#ピル#婦人科#アフターピル#福岡#天神#不妊#多嚢胞性卵巣症候群#PCOS

閲覧回数79 pv