【意外に知られていない仮想通貨のこと…】  世界中が仮想通貨の存在を認知する一方で、各国の法規制が早々と整備されています。 安倍総理が仮想通貨について国会で「仮想通貨は暗号資産と呼ぶ」と言及、そして「ICOという仮想通貨による資金調達法」は、「STO (Security Token Offering) セキュリティ トークン オファリング」に名称をシフトする動きが世界で広がっています。 即ち、これまで「仮想通貨 = 詐欺的要素」と思われていたものが、2019年を境に、暗号資産と呼び名が変わり、ICOでの資金調達方法は「STO」というセキュリティで守られた資金調達方法にシフトする。 今後の背景を私なりに予想しますと、STOが世界で注目される安心で安全な資金調達方法になることで、IPO(新規公開株式)の在り方も何らかの形で変化を余儀なくされることは間違いないといえます。 つまり、STOの出現は市場に対して資産に裏付けのあるトークンに対する需要に繋がる。 STOはIPOとICOの利点を活かし、監督、リスク、投資難易度、発行時間周期等方面で優れています。 したがって、今後2年間に、STOの調達資金は数万億米ドルに達するという業界内から意見もある!! 出典:ブロックチェーンビジネス研究会

閲覧回数251 pv