新しいRELEASEプラットフォームの心臓部ともいえる「ブロックチェーン・分散型自動取引システム(スマートコントラクト)ERC-20」のバグを修正して、すべてのデータ(数万件)を書き換えする作業に取り掛かる予定です。 しかし、この作業にどれほどの技術力が要求されるかというと、私の知る限りネットで調べつくしても過去に成功した事例が1社のみ(゚д゚)! そして、この作業を短期間で完成させなければ、すべての計画が無駄になるといっても過言ではなく、また世界中のRELコインを保有してくれている人たちにも大迷惑が掛かるので失敗も許されません(゚д゚)! しかし、そんな優れた技術者たちはどこにいるの? それが、RELEASEプロジェクトのインドチームには、ずば抜けた技術者たちのネットワークが確立されているので、きっと彼たちは慎重かつ迅速に作業を終わらせてくれることでしょう。 正直いって、もう無理かな~ またイチから新たに開発しないとダメかな~ と思っていましたが、インドチームがスマートコントラクトの書き換え作業をしてる間に、ロシアチームが分散型取引所への上場準備、そして日本の開発チームは3月末に公開予定の新しいRELEASEプラットフォームβ-版の開発・・・ 私は素晴らしいパートナーたちに恵まれ、本当に幸せ者です!キツイとか、苦しいとか、辛いとか、眠たいとか、お腹が痛いとか(笑)そんな弱音を吐いてる暇はありませんね! みなさん一人ひとりが昼夜問わず本当に大変な作業ですが、社会に必要とされるソーシャルコマースRELEASEの完成を目指して、共に頑張りましょう! RELEASE PROJECT  https://release.co.jp/rel/ja/ 

閲覧回数267 pv