nam

東京から大分まで歩く旅。 スーパーボランティア”として知られる尾畠春夫さんが東京から大分まで歩く旅に挑戦していたことはご存知の方も多いと思います。  静岡から愛知にまもなく入るということで取材をしたところ、意外な場所にその姿がありました。  一人でリヤカーを引き、歩き続けるスーパーボランティア尾畠春夫さん、79歳。  1月19日、東京を出発した後、大分の自宅までのおよそ1100キロをテントで寝泊まりしながら旅を続けてきました。  尾畠さんは、歩いているとのウワサを聞きつけ集まった住民たちが求めるサインや写真にも…。 尾畠さん: 「はい、お待たせしました」 住民: 「ありがとうございます」 尾畠さん: 「お次の方どうぞ」  時間をかけながら、“尾畠スマイル”で丁寧に対応します。中には、尾畠さんと会えて涙を流す男性も…。 感涙した男性: 「やっぱ感動しました。抱きしめてもらった時の力強さはちょっと(経験したこと)ないですね。それに感動しました」  リヤカーは、住民達から貰った差し入れが山積みに…。 尾畠さん: 「楽しみはみなさんとの出会い。一期一会ですかね。みなさんとたくさんお話をさせていただきたい」  そんな中、まもなく尾畠さんが愛知県にやってくるとの情報が。そこで…。 (記者リポート) 「愛知県豊橋市です。スーパーボランティア尾畠さんがまもなく静岡を横断してこちらの方にやってくるということです」  東海テレビの取材班が向かったのは、静岡と愛知の県境。 (記者リポート) 「静岡との県境に着きました。小さな川をはさんで東側が静岡、西側が愛知ということでこのあたりで尾畠さんを迎え入れたいと思います」  御年79歳…。尾畠さんの足取りを止めないよう、あくまでじっと待つことに。 (記者リポート) 「けっこう車通りはあるんですが、歩く人の姿はまったく見られませんね…」  リアルタイムな情報をつかむため、ツイッターでも検索してみますが、有力な手掛かりは得られません…。実は尾畠さんの姿が、24日から確認できなくなっていたんです。  そんな中、大分・日出町で25日、FNNの取材班が尾畠さんに接触することができました。尾畠さんは、すでに大分の自宅に帰っていたんです。 尾畠さん: 「帰ってきたばっかりでな。ちょっと寝てから休憩すりゃいいのにと思うかもしれんけど、次のボランティアで使うものを準備したり目についたことをすぐせんと気が済まん」  次のボランティアに向け、準備を整えていました。 尾畠さん: 「体力的な疲れはないけどね。精神的な疲れはなかなか抜けないね」 “精神的な疲れ”…一体何があったのでしょうか。 Q.いつ大分に戻ったんですか? 尾畠さん:「24日の午後。日曜日に歩いたら地元の方やらが通行人が集まってるのを見て、車を左側にずっと止めて、ハザードをつけて交通渋滞になって。いつ事故が起きてもおかしくないなと思って、今回はここで一応旅を打ち切って身を引いた方がいいなと思って。だから誰にも知らせずにスッと身を引いたんです」  静岡県内を歩き続けた尾畠さんを一目見ようと住民たちが次第に殺到し、警察も出動する騒ぎに…。見物に来た人たちが事故に巻き込まれてはいけないという思いから、志半ばで旅を断念したのでした。  娘夫婦の車に乗せてもらい大分まで戻ったという尾畠さん、家の中にはリヤカーに積んでいたたくさんの差し入れが…。 尾畠さん: 「皆さんからたくさん支援物資やお声をいっぱいいただいて、身に余ることをいっぱいしてもらって、感謝の気持ちでいっぱいですけど。人の命にはかえられんから、人の道、仁義として(人命を)守るべきやなって。皆さんからもらった…励ましの言葉をもらったのに…途中でもうやめて逃げ帰ったみたいな状態だったけど。途中でやめてしまって本当に申し訳ないなって気持ちでいっぱいだけどね。私は受けた恩は絶対忘れないから必ずなんかの形で、恩返しはさせてもらいたいなと思ってます」 #スーパーボランティア #歩いて帰宅

閲覧回数89 pv