キャッシュレス決済、週刊東洋経済は、まさに”狂乱状態”にあるスマホ決済市場について取り上げた。主要各社の拡大戦略を深掘りするとともに、スマホ決済の大波に戸惑う導入店側の現状にも迫っている。 現状出そろってたネット系企業が手がけるスマホ決済の注目サービスで最後発となったのが、フリーマーケットアプリ国内首位のメルカリが展開する「メルペイ」だ。 2月13日からiPhone向け、28日からAndroidスマホ向けに順次提供を開始している。決済手段についてはまず三井住友カードとの事業連携を通じ、非接触型決済サービス「iD」に対応。3月中にQRコードを使った決済にも参入し、決済可能箇所は全国135万になる見通しだ… この続きを読む https://toyokeizai.net/articles/-/269147

閲覧回数168 pv