Insta ohoriparkpc[#大濠パーククリニック] Nico’s extra A)妊娠で体内の水分量が増え粘膜の腫脹が強くなり、花粉症の症状が悪化します。 基本的には4-16週までは、出来るだけ治療を控えますが、使用する場合は、基本的に点鼻薬(メディエーター遊離抑制薬.ステロイド)を用います。点鼻薬でコントロールできない症例に対しては、経口抗ヒスタミン薬のポララミン®、ザジテン®、ジルテック®、クラリチン®、デザレックス®、や小青竜湯などを用います。 鼻閉にロイコトリエン阻害剤用います。 点鼻用血管収縮薬の局所投与(点鼻薬)は最少量にとどめます。 眼症状に対しては点眼薬(抗ヒスタミン薬~重症ではステロイド薬)を使用します。 理由は、点鼻薬や点眼薬では、極微量の薬物が体内に摂取されるため、薬の内服と比べ、比較的安全性が高いためです。 医)清涼会 大濠パーククリニック 頭痛外来 福岡市中央区大濠公園2-35 THE APARTMENT 2B ☎ 092-724-5520 http://www.ohori-pc.jp 低用量、緊急避妊、生理日移動用は以下を参照 http://fukuoka-ec-oc-pill.jp https://itp.ne.jp/info/400835454132461000/lp/3/ 人間ドックや健診 https://itp.ne.jp/info/400835454132461000/menu/#menu4 #頭痛#アフターピル#福岡#天神#ステロイド#アフターピル#アレルギー性鼻炎#結膜炎#ナッセ#妊娠中

閲覧回数67 pv