数日振りにHotBitでのRELコインのチャートを見ましたが、Trade Historyを見ると確実に1分間に2.3回の取引が行われていますね。 これを私なりに解説させていただきます。 金融商品市場(取引所)において重要なのは、急激な価格の上がり下がりではなく、トレーダーによってどれだけの取引が繰り返されているか、即ち「1日の取引量 = 信用」ということになります。 そして確実に取引量が増えつつ、上げ下げを繰り返すなかで、徐々に価値を上げている金融商品には多くのトレーダー(顧客)が注目し、安心で安定した金融商品として更に取引が盛んに行われるようになります。 そのためにも必要不可欠なものが、顧客の資産を守るマーケットメイクとなります。 しかし、私が知る限りでは、1日の取引量を増やすだけのマーケットメイクだけなら、その価値は徐々に下がる一方で、下がったものを一気に上げ、また徐々に右肩下がりを繰り返す傾向があります。 このような金融商品はトレーダーからすると、信用度が低く、次なる一手、新商品の開発やサービス開始といった、何か新たな発表がない限り、値動きは期待できないでしょう。 少し前置きが長くなりましたが、私がRELコインに期待感を持っていることとは? まず金融商品というものは、取引所へ上場した途端、買いより売りが優勢となるので、下限まで下落しストップ安がかかることが殆どです。 この時点で慌てて損したーなんて言ってる人は金融商品に手を出すのは止めておきましょう。 問題は、下落したものが、どのようにして上がって行くか、その動きに期待感が集まるのです。私もその一人です。 1日の取引量を徐々に増やしながら、値を少しずつ確実に上げているRELコインは、私は経営陣をはじめチームの方々の並みならぬ努力の賜物だと思っています。 私は決して過剰評価してるのではなく、現に独自コインを発行して取引所へ上場してる、いろんな銘柄のチャートを見てください。 そしてRELコインのチャートと見比べてみてください。 百聞は一見にしかず、、、私の伝えたいことがお解り頂けると思います。 そして現在のHotBitのTrade Historyを見ると、その苦労と努力がはっきり伺えます。(きっと莫大な資金も使ってるでしょうねー) おそらくマーケットメイカーとの打ち合わせもマメに繰り返されて戦略を立てられながら試運転的に流動性を確認されながら、RELの価格を徐々に右肩上がりに調整してると思われますが、ここ30日間で140%アップ、そして1週間で90%超え、これって本当に凄いことなんですよ。(他の銘柄と比較すると一目瞭然)  Coingecko(コインゲッコー)  https://www.coingecko.com/en/coins/release  そんなRELコインに私は一投資家として期待で胸が膨らんでいます。 これは本気でRELコインが10円超えを計画してることが伺えます。 がんばれーReleaseチーム、がんばれーRELコイン!! 上記に書いたことは、あくまでも私の個人的な見解なので、そこは十二分にご理解ください。 https://www.hotbit.io/exchange?symbol=REL_ETH 

閲覧回数293 pv