二子石さんの返信を書きながら思ったこと 前回の記事で書いたように メルカリは… 自分で購入した品物=価値=現金(ポイント)化 ということは、少なからず支出が上回るのではないか? ※プレミアム値がつかない限り ということを書きました。 しかし〜 本屋さんには『メルカリで稼ぐ!年収〜』という本が売ってあります。 そのカラクリは Amazon等で安く仕入れる→仕入れ値よりも高く設定する→差額が利益となる というものです。 そのキャッチフレーズは 誰でも簡単に儲ける! 家でもできる! 育児の片手間! と言った感じです。 でも、本当にそうなのでしょうか? 例えばいい感じのアクセサリーを300円で仕入れ1000円で売るとしましょう。 そうすると送料はおいといて… 差額700円が利益となります。 まぁ、ちょいちょい売れたとしても 1.諸々の手間 →携帯一つで〜みたいな謳い文句ありますけど 発送するまでに諸々の手間暇かかります。 例えば。 ○仕入れるものを探す ○仕入れる ○サイトに載せる、やりとりする ○梱包などの発送準備 ○発送 など 2.在庫を抱えるリスク ある一定の収益を上げようとするのであれば、ある一定量の仕入れ、つまり、在庫を抱えなくてはなりません。 そんなリスクを検討せず、ブログやYouTubeでに儲かると謳い、視聴率が上がることで本当に設けているのは誰なのか?ってことを見失いがちですね。 まとめます。 メルカリで儲ける!などの謳い文句の本やブログが出回ってますが鵜呑みするのは???です。 例えば。 主婦が真似をして一定の収益を得たとしても、そこに使った時間や上記のリスク、さらに携帯を使っている時間は子供と向き合う時間を奪われているのですから、片手間と言われると???です。 むしろ超少子高齢化ですから、子供に…お年寄りに…時間を割けないことは社会的な損失とも言えます。 話が社会問題にまで発展しましたが、儲ける!って難しいですね笑 メルカリが悪いということではありませんので、悪しからず。 そんな私は何かを買う前に立ち止まり、メルカリやアマゾンで価格検討して購入しています。 定価よりも安く手に入りますからね☺️ (今の時代は立ち止まって考えることは重要だと思います。立ち止まる時間がないくらい多忙で情報に溢れていますからね。立ち止まって深呼吸することにより、副交感神経が優位になって… 話が逸れますのでこれまで笑) 一方、リリースは情報発信ですから在庫抱えるリスクはありませんね! ある程度の情報価値を生み出せるか?人に伝わる文章が書けるか?そこに時間を費やすことは十分に考えられますけどね笑 でも、それって一種の自己研鑽ですから、自分に還元されると思います。 このことこそ先ほど書いた一生勉強!と思った所以です。 以上、お返事書きながら思ったことの独白でした。

閲覧回数249 pv