RELのチャートを見て一言! 先日投稿されていた「HotBit(ホットビット)にてマーケットメイクが開始」の記事について、私の勝手な解説をさせていただきます 笑 上の画像(チャート)は24時間のRELの動きを示したものです。左側(緑色)の棒線の最低値から開始されたマーケットメイクは、24時間後 右側(緑色)の棒線の最高値(前日比17.20%)上昇しています。 ここで私が皆様に強くお伝えしたいことは、上の画像(チャート内)で見るだけではピンとこないと思われますが、赤と緑の棒線が長いのもあれば短いのもあり、結果 今RELの価格はいくらなんだ?となるのです。 しかし、この24時間の棒線を見て殆どの人は何かを大切なものを見落としています。そこが一般の素人と稼げる投資家との違いなんですよ。 この赤と緑の棒線、このわずか24時間のチャートを見て、RELが何回売り買いされ、いくらの金額が動いているのだろうという見方をしている人が何人いあるでしょうか? 金融系商品はこのチャートの動きによって決まるわけですが、大事なのは、ここで何回の取引が行われ、どれだけの金額が動いているのか、この分析力によって素人かプロの投資家かの違いが大きく異なるのです。 RELコインは投資目的ではなく流通目的で発行された、言わばポイントのような役割だと思いますが、しかし取引所へ上場した仮想通貨である以上、株式市場と同じように、事業の業績によってその価値が変動することは言うまでもなく、この価値の変動こそが信用を生み出すことにも成り得るのです。 皆様は、このわずかな棒線のなかで何回の取引が行われ、どれだけの金額が動いてると思いますか? 私の分析では、1分間に約3.5回の取引が行われています。ということは、10分間で35回、1時間で210回、24時間で5040回もの取引が行われていることになります。 そして、気になる24時間の取引量(金額)は、 88.05514471 ETH です。 現在 1ETH(イーサリアム)が15,200円ですから、× 88.05514471 が24時間のRELの取引額となります。 したがって、、、24時間のRELの動きは、、、 ・取引回数は5000回以上、 ・取引金額は130万円以上、 これが、マーケットメイクを開始した1日目(24時間)のデータになります。 皆様は上記の数値についてどう思われますか? なんだー。これっぽっちかー。なんて思われていませんか? しかし、これが上場後1年以上も経過してるコインであれば投資対象となりませんが、RELがHotBitへ上場してわずか1ヶ月足らず、しかもマーケットメイクが開始されて24時間の実績が上記で示したものです。 このような例えをすることは大変失礼だと思いますが、ここ数ヶ月の間に仮想通貨取引所へ上場している他のコインとRELコインを比較してみてください。 比較方法は、コインゲッコーもしくはコインマーケットキャップで比較できます。 正直に申します。殆どのコインのチャートを見る限り、約80%以上のコインは投資対象とされていないのも事実です。 無論RELコインも今後の事業展開次第ではどのようになるか未知ですが、、、 私が驚いていることは、どれだけのユーザーがRELの取引をしてるのかわかりませんが、24時間で5000回以上の売り買いが行われているということです。しかも短期間でどこからこれだけのRELファン(ユーザー)を集めて来られたのか、いつか機会があれば金井社長にお会いさせていただきお話をお聴きさせていただきたいと思っています。 実は私は少しだけ仮想通貨やICO、そして上場に関わったことがあります。だからこそリリースプロジェクトがどんなに凄いことを成し遂げようとしているのか、そしてそのご苦労がどんなものなのか十分に理解できます。 あ、因みに私が関わっていたICOは資金調達には成功しましたが、取引所へは上場できず、組織が解体してしまいました。資金力だけでは取引所に上場できない、仮想通貨の世界はそんなに甘くないんです。 これは余談ですのでスルーされてください。 そして話を戻します。このままRELの取引量が増えることで、どんな現象が起こるかというと、 ユーザーは初めは様子を見て少量を売り買いします。そして徐々に単価を上げた取引が行われ、当然 取引回数も増えます。これは世の中の原理原則です。安心や信頼=単価アップ  このようにして、RELの価格はジワジワと確実に上昇に向かって動き出すのです。 ワクワクせざるを得ないですね! あ、私はリリースプロジェクトのメンバーでもなければ、RELコインの回し者でもありません、ただただリリースプロジェクトのファンの一人にしか過ぎません。 したがって私がここの書いてることは、私の勝手な見解であり、リリースプロジェクトと何ら関係ありませんので、くれぐれもお間違いなきようお願いします。 それから投機や投資はあくまでも自己責任で行ってください。 今回も長々と書いてしまいました。 終わり!そして次に続く…  

閲覧回数472 pv