ビットコイン売買「95%偽装」米社がSECに報告 日本経済新聞 – 実際のビットコインの取引量は20分の1以下ではないか――。米仮想通貨交換業者がまとめた仮想通貨取引所の報告書が波紋を広げている。疑惑のひとつが買いと売りを機械的に付け合わせてみせかけの取引を膨らませる「偽装」だ。実体のない取引で、個人投資家のマネーを誘導していたとすれば、仮想通貨業界の信頼が揺らぎかねない。 出典:日本経済新聞  https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43283320T00C19A4EE9000/  確かに世界中の仮想通貨交換所は、コインマーケットキャップのランキング(取引量)を意識し過ぎる傾向にあり、金額の大きなビットコインが明らかに不自然な取引をされているという懸念があります。 米国証券取引委員会(SEC)や 上場投資信託(EFT・金融商品取引所で取引される投資信託)等が管理体制を更に強化し、安心で安全に投資(取引)できる仮想通貨取引所が1ヶ所でも多く増えることを願います。 仮想通貨全体の将来性のためにも…

閲覧回数202 pv