連休前は仕事で忙しく、連休に入ると家族サービスで忙しく、やっと一息ついて自分の時間といった感じです。

さてさて、昨日、金井社長がREL/USDのことを投稿してましたが、面白いですねー その直後 RELを持ってる人が一気に売り先行、あっという間に、1REL 0.0055円が一気に0.0014円まで下がりましたね。

コインを上場させてる発行元は、透明性が第一なので情報開示も必要ですが、1投稿の記事が恐ろしいほど値を左右させます!

もちろん私も投稿を見た瞬間、もっていたRELを半分売って米ドルに交換しました。50倍以上も値がついていたので…💲💲💲 

でも、これって私の分析では、金井社長の戦略なんだと思われます。

そろそろ、本格的にRelease Bot(自動取引ボット)が動き出し、投資家(トレーダー)たちを集めるための準備が開始されてるようです。

画像の赤丸で囲んだ部分を見て何かお気づきでしょうか?

REL/BTC以外の3つのペアは、価格が$0.00001台で合わされていますよね。これって非常に重要なことで、現在 殆ど取引されてないREL/BTCは別として、その他のペアは確実に24時間の取引量が増え、3つのペアの価格も統一されてます。

もし、各ペアで価格に大きな差があった場合、私でも当然行う取引方法ですが、安いところで買って高いところで売る。これ当たり前の取引方法ですよね。

以前 私が仮想通貨取引に嵌まってたころは「取引所間の価格差を利用して稼ぐアービトラージという手法」を行ってました。

アービトラージとは… 
https://www.smbcnikko.co.jp/terms/japan/sa/J0288.html 

これは投資家(トレーダー)なら当たり前のように行われる取引方法です。

しかし、このアービトラージによって価格を急落させられる金融商品も少なくはありません。もちろん仮想通貨も同じことが言えます。

したがって、複数の取引所へ上場してる場合、このアービトラージによって行われる取引で価格変動を少しでも軽減させる対策を行うことが必要になります。

そのためには、各取引所、各ペアの価格をすべて同等の価格にしておく必要があるんですよ。

どこの取引所で買っても、どのペアで買っても、それほど価格が変わらず、しかも、同時に価格が上がって行ってる金融商品。これこそが投資家やトレーダーが求めてる安定で安心できる金融商品となるわけです。

私も同じコインでも取引所やペアによって価格に差があるコインばかり狙ってアービトラージを繰り返していたころが懐かしい。結局 私の場合は、それで儲けたものを以前話してた自分たちのICOにすべて注ぎ込み、あっけなく無くなってしまいましたが…💦 

即ち、私の分析では、RELコインは数日前から確実にプロのマーケットメーカーたちによって、価格のバランス調整が始まっています。ほぼ90%以上間違いないでしょう。

そしてチャート見てわかるように、RELコインの価格をあえて下げたところから、すべての価格を同等の価値に合わせ、そこから3ペアが同時にジワジワ価格を上げています。

これはプロのマーケットマイカーが行うマーケットメイキングの動きに間違いありません。

したがって先日金井社長が投稿した情報は、ズバ抜けて価格を上げてたREL/USDの価格を下げて、他のペアと合わすために意図的に出された情報だと感じ取れます。しかも自社が保有してるRELコインや米ドルを使うこともなく、情報一つで全ペアの価格を統一させています。これは素人にできるテクニックではありません。凄すぎる!

きっと連休明けまでにいろいろ調整をされてるんじゃないでしょうか?!

そして、次に仕掛けて来るとするならば、現在の価格を徐々に上げながら、Release Bot が取引量や投資家(トレーダー)の数を増やし、この時点で間違いなく、仮想通貨の王者、ビットコインを動かしてくるはずです。

現在 0.0059円(0.00005279 米ドル)の値をつけてる REL/BTC の価格にすべてのペアの価格を合わせるか、それとも現在の中間くらいの価格で合わせるか、いずれにせよ、私の分析では 近々 REL/BTC ペアが動き出すはずです。

そのときこそ、現在の取引量や投資家(トレーダー)の数が想定外に増え、RELコインは凄いことになるでしょう。

最近の金井社長の情報発信から想定すると、新しいReleaseプラットフォームの完成が6月末から7月初旬、ということは逆算して、6月中旬には何らかの発表を行うはずです。

したがって私はそのタイミングでRELコインに世界が驚くような仕掛けが行われると想定しています。おそらく間違いないでしょう!

しかし、新Releaseの開発費用、取引所の上場維持費、Release Btoの開発費用、マーケットメーキング費用、海外チームの維持費など、大手企業が行う事業のように、私たちの想像を絶するような資金力がなければ、この事業は成功しないと考えられます。

そして同時にこのレベルの事業は、個人のエンゼル投資家程度の資金力では成り立たないでしょう。間違いなく10億や20億の事業ではなく、100億や200億レベルの事業ですよ。恐るべし!

そして大変失礼なことを言いますが、Releaseプロジェクトにはそれほど偉大な力や影響力を持った投資家が存在してるわけでもないように伺えます(これ私の調べ)現在のRELコインの1日の取引量も約300万円前後、それなのに、どのようにして、このような大手企業が取り組むような事業展開ができるのでしょうか?

こればかりは私の分析力を持ってしても、現在のところ分析不可能です💦💦💦

金井社長率いる、Releaseチームの皆さん一人ひとりが財閥なのでしょうか?

おそらく日本の中小企業で、これほどの事業展開を行ってるところは無いでしょう。というか、まず資金が集まらず計画は取りやめになるでしょうね。私たちの以前の会社のように… あ、私たちは上場までも辿り着きませんでしたけれど💦💦💦

今後のReleaseプロジェクトの行く末が楽しみでなりません!必ず大成功してほしいですね。

終わり!そして次に続く… 


※上場から4ヶ月しか経っていないRELが… 
https://release.co.jp/r/512807/

nice

avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar avatar

78 nice  View All▼

Posts by this user

連休前は仕事で忙しく、連休に入ると家族サービスで忙しく、やっと一息ついて自分の時間といった感じです。

さてさて、昨日、金井社長がREL/USDのことを投稿してましたが、面白いですねー その直後 RELを持ってる人が一気に売り先行、あっという間に、1REL 0.0055円が一気に0.0014円まで下がりましたね。

コインを上場させてる発行元は、透明性が第一なので情報開示も必要ですが、1投稿の記事が恐ろしいほど値を左右させます!

もちろん私も投稿を見た瞬間、もっていたRELを半分売って米ドルに交換しました。50倍以上も値がついていたので…💲💲💲 

でも、これって私の分析では、金井社長の戦略なんだと思われます。

そろそろ、本格的にRelease Bot(自動取引ボット)が動き出し、投資家(トレーダー)たちを集めるための準備が開始されてるようです。

画像の赤丸で囲んだ部分を見て何かお気づきでしょうか?

REL/BTC以外の3つのペアは、価格が$0.00001台で合わされていますよね。これって非常に重要なことで、現在 殆ど取引されてないREL/BTCは別として、その他のペアは確実に24時間の取引量が増え、3つのペアの価格も統一されてます。

もし、各ペアで価格に大きな差があった場合、私でも当然行う取引方法ですが、安いところで買って高いところで売る。これ当たり前の取引方法ですよね。

以前 私が仮想通貨取引に嵌まってたころは「取引所間の価格差を利用して稼ぐアービトラージという手法」を行ってました。

アービトラージとは…
https://www.smbcnikko.co.jp/terms/japan/sa/J0288.html

これは投資家(トレーダー)なら当たり前のように行われる取引方法です。

しかし、このアービトラージによって価格を急落させられる金融商品も少なくはありません。もちろん仮想通貨も同じことが言えます。

したがって、複数の取引所へ上場してる場合、このアービトラージによって行われる取引で価格変動を少しでも軽減させる対策を行うことが必要になります。

そのためには、各取引所、各ペアの価格をすべて同等の価格にしておく必要があるんですよ。

どこの取引所で買っても、どのペアで買っても、それほど価格が変わらず、しかも、同時に価格が上がって行ってる金融商品。これこそが投資家やトレーダーが求めてる安定で安心できる金融商品となるわけです。

私も同じコインでも取引所やペアによって価格に差があるコインばかり狙ってアービトラージを繰り返していたころが懐かしい。結局 私の場合は、それで儲けたものを以前話してた自分たちのICOにすべて注ぎ込み、あっけなく無くなってしまいましたが…💦

即ち、私の分析では、RELコインは数日前から確実にプロのマーケットメーカーたちによって、価格のバランス調整が始まっています。ほぼ90%以上間違いないでしょう。

そしてチャート見てわかるように、RELコインの価格をあえて下げたところから、すべての価格を同等の価値に合わせ、そこから3ペアが同時にジワジワ価格を上げています。

これはプロのマーケットマイカーが行うマーケットメイキングの動きに間違いありません。

したがって先日金井社長が投稿した情報は、ズバ抜けて価格を上げてたREL/USDの価格を下げて、他のペアと合わすために意図的に出された情報だと感じ取れます。しかも自社が保有してるRELコインや米ドルを使うこともなく、情報一つで全ペアの価格を統一させています。これは素人にできるテクニックではありません。凄すぎる!

きっと連休明けまでにいろいろ調整をされてるんじゃないでしょうか?!

そして、次に仕掛けて来るとするならば、現在の価格を徐々に上げながら、Release Bot が取引量や投資家(トレーダー)の数を増やし、この時点で間違いなく、仮想通貨の王者、ビットコインを動かしてくるはずです。

現在 0.0059円(0.00005279 米ドル)の値をつけてる REL/BTC の価格にすべてのペアの価格を合わせるか、それとも現在の中間くらいの価格で合わせるか、いずれにせよ、私の分析では 近々 REL/BTC ペアが動き出すはずです。

そのときこそ、現在の取引量や投資家(トレーダー)の数が想定外に増え、RELコインは凄いことになるでしょう。

最近の金井社長の情報発信から想定すると、新しいReleaseプラットフォームの完成が6月末から7月初旬、ということは逆算して、6月中旬には何らかの発表を行うはずです。

したがって私はそのタイミングでRELコインに世界が驚くような仕掛けが行われると想定しています。おそらく間違いないでしょう!

しかし、新Releaseの開発費用、取引所の上場維持費、Release Btoの開発費用、マーケットメーキング費用、海外チームの維持費など、大手企業が行う事業のように、私たちの想像を絶するような資金力がなければ、この事業は成功しないと考えられます。

そして同時にこのレベルの事業は、個人のエンゼル投資家程度の資金力では成り立たないでしょう。間違いなく10億や20億の事業ではなく、100億や200億レベルの事業ですよ。恐るべし!

そして大変失礼なことを言いますが、Releaseプロジェクトにはそれほど偉大な力や影響力を持った投資家が存在してるわけでもないように伺えます(これ私の調べ)現在のRELコインの1日の取引量も約300万円前後、それなのに、どのようにして、このような大手企業が取り組むような事業展開ができるのでしょうか?

こればかりは私の分析力を持ってしても、現在のところ分析不可能です💦💦💦

金井社長率いる、Releaseチームの皆さん一人ひとりが財閥なのでしょうか?

おそらく日本の中小企業で、これほどの事業展開を行ってるところは無いでしょう。というか、まず資金が集まらず計画は取りやめになるでしょうね。私たちの以前の会社のように… あ、私たちは上場までも辿り着きませんでしたけれど💦💦💦

今後のReleaseプロジェクトの行く末が楽しみでなりません!必ず大成功してほしいですね。

終わり!そして次に続く… 


※上場から4ヶ月しか経っていないRELが…
https://release.co.jp/r/512807/


SOURCE : www.coingecko.com

Posted date April29,2019

View count218 pv


comment





Share





187pv