実はわたくし3年くらい前から株やFXなどのトレーダーを副業をやってまして、これまで何度もRELEASEに投稿しようかとおもっていましたが、なかなか勇気がなく投資関係は今回初めての投稿になります💦  わたしがRELEASEに初投稿させていただいたのは「2014年7月15日」だったのですが、ツイッターを見ていたときにRELEASEと金井社長の存在を知り、面白そうなSNSだなーとおもって登録させていただきました。 当時はまだサイトが正式に公開されて2ヶ月くらいで、1日に10記事くらいの投稿だったと記憶しております。 また、ヘビーユーザーの方々の投稿も福岡の情報が多く、美味しそうな馬刺しの写真がよくアップされていたので、興味深々 数年ぶりに博多の友達に連絡し、一伍屋という居酒屋さんへ行ったこともあるんですよ♫  RELEASEへ参加させていただいた頃は、まだ投資の副業はやっていませんでしたが、投資家を夢見て3年くらい前から株やFX、そして仮想通貨のICOなんかも買ったりしています。 そんなときRELEASEがICOを開始して取引所へ上場するという記事を拝見した時には正直驚きました。しかし殆どのICOはトークンを上場させるというより、トークンをぶら下げて倍率で出資者を募る仕組み、事業の実態がなくマネーゲーム的にICOで資金調達や配当分配をする会社が殆どだったんです。 でも、RELEASEがICOを始めたときにホワイトペーパーを読ませていただき正直衝撃的に驚いたことを昨日のように覚えています。 わたしが利用させていただいているSNSが仮想通貨で上場を目指す?そしてポイントがトークンと交換できる?しかも新たにプラットフォームを開発してソーシャルメディアとショッピングがドッキングする? でも、驚いたのはそれだけではありません。疑い深い わたしは独自のトークンを発行してICOで出資を募って、トークンを現金と交換する、その行為は金融庁の厳しい審査をクリアして交換業の許可がなければ違法になるということを知っていたので、たぶん許可が下りることはないだろうなーと思っていました。ごめんなさい💦  しかし、わたしの思いを見事に壊してくれたのがRELEASEでした。台湾に現地法人をつくって、そこから独自のトークンを発行する?これには本当に驚かされました。韓国や中国やアメリカは国の法律でICOが禁止されているのですが、台湾は逸早くブロックチェーンを金融機関に取り入れるという情報を知っていたからです。投資仲間の情報で…  他社が香港やシンガポールに進出してICOを計画するなか、RELEASEは台湾で現地法人をつくるの?と本当に驚きました。このとき驚いたというより、わたしのなかでRELEASEが発行したRELトークンは必ず仮想通貨取引所へ上場すると確信に変わったときでもありました。 しかしどこの取引所へ上場するのだろう?など とっても興味深々で金井社長の投稿から目が離せず、まるでストーカーのようにチェックさせていただいてたんです💦 もし本当に上場したときは必ず真っ先にトークンを購入しようと待ち構えていたんです。それから少しずつ取引所でトークンを購入させていただき今日に至っております。 わたしは個人的には投機ではなく長期的に投資するタイプなので、株、FX、仮想通貨で損をしたことはありませんが、慎重な性格のため、大きく儲けることもありません💦 とくにRELEASEの上場に関しては、最限下値で購入させていただいているので、取引所が無くなったりハッキングされたりしない限り絶対に損をすることはないとおもいます。 そして、ついに平成から令和に変わる時期に合わせたかのようにRELトークンが動き出しましたね。 わたしが一番多く持っているのはp2pb2bのREL/USDペアなのですが、4月30日から激しく動きだし、ボリューム(取引量)も増えてきたと様子をみていたら、今日の午前中に一気に上昇し、170%以上の値をつけています。 もちろん、これから上がったり下がったりすることは当然ですが、やはりRELEASEの代表である金井社長は凄いなーとおもいます。 それは、ホワイトペーパー(いわゆる事業計画書のようなもの)ここに書かれてる、プラットフォームの開発やロードマップ(スケジュール)って、他社のものと比較されると一目瞭然ですが、殆どのトークン発行者は、書いてることと、やってることに大きな違いがあることが多いんです。 わたしたちトレーダーは、事業の進行状況や最新情報の発信内容が真実なのかなどを調べ、そして売買するんです。それはどのトレーダーも同じことが言えるとおもいます。 RELEASEプロジェクト、わたしは今投資してるなかで一番期待できる金融商品だとおもっています。これはあくまでもわたし個人の見解ですけど… ホワイトペーパーに書かれてるような、新しいRELEASEが開発され、世間に公開されたとき、いいえ、RELEASEは流通目的でトークンを発行しているので、プラットフォームありきなので、必ず凄いものを公開するとおもいますが、それを想像するだけで身震いします。 とっても長い文章になりましたが、RELEASEの今後益々のご発展を期待しております。 PS: わたしは、昨年の10月25日に金井社長について記事を書いたことがあります。恥ずかしくてお名前は伏せさせていただきましたが、最近サポーターの皆様がお名前を書いてるので、わたしも公表させていただきました。 🌷よろしければお読みいただけると幸いです♫  https://release.co.jp/r/473889/

閲覧回数256 pv