カツオのたたきはよく食べるのですが、その理由は「イミダゾールペプチド」の高含有にあります。Wikipediaによると「種々の動物の骨格筋に広く分布し、特に鳥類の胸肉、マグロやカツオ、鯨等の肉に多く含有されている。特に渡り鳥の羽を動かすための筋肉や、時には時速100㎞もの速度で泳ぎ、また常に泳ぎ回る必要があるマグロの尾びれ部分などには多量に含有される」とのこと。筋トレマニアにとっては安い鶏の胸肉を30分以上煮込んで調理した肉が手軽で良さそうですが、いつも鶏肉ばかりだと飽きてしまいますよね。そんな時にはカツオのたたきがおススメです。同じ量食べるならマグロよりも安いですし。 #龍神丸 #藁焼き鰹のたたき #カツオ #鰹 #イミダゾールペプチド #抗疲労物質 #鶏の胸肉 #マグロ #筋トレ #森部塾長推薦

閲覧回数115 pv