世界の仮想通貨や取引所をランキング形式で紹介している、日本で例えるなら「東京証券取引所」のような場所、コインマーケットキャップを久しぶりに見ましたが、ここ1か月の間に予測していた取引所が何社も上位にランクインして来てたので驚きました! みなさんも一度は耳にしたことがあるのではないかと思いますが、仮想通貨取引量 世界第1位に君臨してきた「Binance(バイナンス)」が、現在10位に・・・(゚д゚)! 1位から10位までの取引所は、24時間の取引量が1000億円前後と別格の取引量で本当に驚きます。それだけ、この1~2か月で仮想通貨が動き出したということですね! 法改正や法整備が強化され、今年の4月初旬より凄い勢いで伸びている仮想通貨業界ですが、2位以下に大差をつけていたバイナンスが、まさか10位付近だとは、業界の誰もが驚いているのではないでしょうか!? そして私たちRELEASEが、現在 上場保留中のモンゴルの取引所「IDAX(アイダックス)」も取引量が伸びていますが、強敵の出現により第12位前後にランクされ、24時間の取引量は900億円を上回る勢いで成長しています。 私たちが昨年の仮想通貨事業に参入した頃は、24時間の取引量が300億円以上で10位以内にランクインしていたのですが・・・(゚д゚)! ちなみに、現在 私たちのRELコインが上場している、HotBitは24時間の取引量が300億円超(30位)、p2pb2bは650億円超(24位)です。 私たちが上場した今年の2月27日のHotBitの順位は、確か120位ぐらいで、24時間の取引量は30億円前後だったと記憶しておりますが、現在300億円の成長率10倍とは本当に凄いとしか言いようがありません。 そして私が今もっとも注目している取引所が、本拠地はシンガポールにあり、ドイツ、エストニア、香港、マレーシア、フィリピンなどに運営チームをもち、86カ国以上のユーザが利用している仮想通貨(暗号資産)取引所 BitForex(ビットフォレックス)です。 ここはすごい勢いで世界86カ国以上でユーザーを獲得し、24時間の取引量は1000億円前後で、現在 世界 第6位にランキングされています! 何より注目していたのは、他の取引所が日本人ユーザーの取引を停止したり、サイトの日本語対応を廃止しているなか、BitForex(ビットフォレックス)は、日本語にも対応している取引所なんです。 ※取引所は以下のURLよりご覧いただけます。 https://www.bitforex.com/jp/  今後は日本でのユーザー獲得を視野に入れ、ツイッターやテレグラムも日本語対応アカウントが公開されています。 私たちはRELEASEプロジェクトは分相応ということで、まだ一度もBitForex(ビットフォレックス)には上場についての問い合わせはしていませんが、きっと目が飛び出るような上場手数料なんでしょうね~ しかし、ここへ上場するとユーザーの数が桁違いなので、RELコインの価格や取引量もすぐに増えるでしょう。 やはり資本力のある大手企業のマネをできないのが、時代のスピードに資金力がついていけない弱者企業ということなんです。悔しいですが、これが現実なので仕方ないですね (>_<)  しかし、日本人ユーザーを含む、世界86カ国以上のユーザーがRELコインの存在を知ってくれるチャンスなので、何か良い方法を考えなければ・・・その前に、もし資金があっても、今は上場条件が厳しいので BitForex が上場させてくれるかが大問題ですけど 汗; ま~ そんな夢物語に時間を費やさず、地道にコツコツ努力するしかありませんね。 ということで、長かったゴールデンウィークも終わり、今日から通常営業です。この長い休みのお陰でずいぶん開発に遅れが出ておりますので、みんなで最善を尽くして遅れを取り戻して参りたいと思います! コインマーケットキャップ  https://coinmarketcap.com/ja/rankings/exchanges/

閲覧回数230 pv