RELコインの動きを私なりに分析してみました! 少しでも早くRELの動きを分析したかったのですが、昨日は残業が長引き帰宅したのが深夜だったので、スクリーンショットだけ撮って分析は今日の朝一で(笑)  一昨日から突然猛烈な勢いで動きだしたRELの24時間の、取引量、価格、時価総額について分析してみました。 たぶん私が画像のスクリーンショットを撮ったときが取引量(ボリューム)の上昇マックスだったのではないかと思われますが… 取引量(24時間のボリューム) $435,162(日本円 約4,785万円) 価格(1RELの価格) $0.00002340(日本円 約0.0026円) 時価総額(RELの資産)  $286,139(日本円 約3,150万円) 👆 項目に別けるとこのようになります。 まず 取引量(ボリューム)について分析しました。 数日前まで24時間の取引量が200万円前後だったRELが、急激に4,700万円を超えたので、いくらSNSの広告宣伝効果があると言えど、この現象は明らかに取引の動きが変だと疑うべきです。 それで、ブロックチェーン上で取引量を調べてみました(これには時間を要しました💦)が、スッキリです! 現在 RELコインは2つの取引所へ上場しています。そしてp2pb2bは変わらず取引所でのシステムのグレードアップが続き、確かなデータを取得することができませんので、ハッキリしたことが書けません…(ユーザー離れも多いようです)しかしHotBitは常に正常に機能してますので簡単に分析することができます。 以前にも書かせてもらいましたが、自社のトークンを発行して取引所へ上場、ここで重要になるのが、24時間の取引量なのです。 そして最も重要になるのが、金融商品市場において、マーケットメイカーが常時売り買い両方の気配(価格と上限個数)を示し、投資家の注文に約定を保証する「マーケットメイク」です。 今回のRELコインの24時間の取引量が急激に上昇して4,700万円超えした原因は、Release Bot(自動売買ロボット)によるマーケットメイクの取引量の調整不備だと考えられます。したがって、自動ボットによる売買取引が約7割、実際のトレーダーによる売買取引が約3割となっております。 現在は取引ボットも徐々に調整され、24時間の取引量も下がっており、今は約2,900万円まで下がり、落ち着きをみせ始めています。24時間の取引量が急激に多くなっても、トレーダーに不信感を与えるので調整が難しいところでしょうねー。取引自体に全く問題がないので安心なのですが…💲💲💲  それにしても今回の取引量の急激な増大、それだけの取引量に対応できる資金(取引量の約倍の金額)を取引所へ保管しておかなければならないので、Releaseチームの皆さん大変だっただろうなー(‘;’)  RELの価格について… これはあきらかに安定的な右上がり傾向にあります。GW前の最低価格「1REL 0.0010円」が「1REL 0.0026円」売買によって上がり下がりしながらも確実に値をあげています。あともう少し上昇した頃に、トレーダーを更に増やすための、エアドロップ(無料でコインを配布する)を、広告宣伝のつもりでタイミングよくRELコインを配布することで更に価格の高騰を期待できるかも?(配布したコインを売り逃げされると大出費の可能性が恐ろしいですが💦) 最後にRELの総資産(時価総額)について… これも前に書きましたが、RELは1000億枚発行されています。そのうち わずか5%程度のRELが市場に出され、取引所で売買されています。 そのわずか5%のRELが取引されて約3,150万円の時価総額を生み出しているのですから、Releaseプロジェクトのサイト「資金計画(用途)」に記載されてる50%が市場に出され、取引所で売買されることになれば、現在の1RELの価格「0.0026円」から考えても、単純計算が成り立ちます。 私の周りでもRELの売買をする人が少しづつ増えてきました。そしてもちろん中には大きな勘違いをして倍率だけを見てる者もいれば、24時間の取引量を見ながらタイミングよく売買してる者もいます。 私の場合は新しいRELEASEの開発状況が公開され、その時点で価格が下がっていれば買う、上がっていれば売る、これまではこの方法で売買してます。 でも、今日からは単純に売りを控えて、下がったタイミングで買う、また下がったタイミングで買う、これを繰り返して小遣いを増やそうと考えています(笑)  これは株やFX、そして仮想通貨の売買いに詳しい人であれば、GW以降のRELの動きを見て既にお気づきの人も多いと思いますが、RELコインは確実に土台固めが完成に近づいてます。私はこれ以上のことを書くことはできませんが… 私の分析に間違いがなければ、金井社長をはじめ、Releaseプロジェクトチームは、新しいRELEASEプラットフォームのベータ版の公開を前に、約2 – 3回に分けて何らかのアクションを起こし、まずRELの配布量(現在約5%)を約15%の配布まで増やし、市場での取引規模を大きくするでしょう。 そして新しいReleaseプラットフォームが公開される6月末から7月初旬にかけて、RELの市場取引量を30%まで増やし、1RELの価格を現在の「約0.0026円」から「約0.030円」くらいまで上がるように何らかの仕掛けをするでしょう。たぶん… だから私は私自身の分析を信じて、これからは売りを控えて、買い、買い、買い、これで行かせていただきます!💲💲💲  以上が私の分析ですが、今日は午前6時半ごろに起きて朝一からRELコインの分析、あれやこれや調べて、途中でRELを買ったりもしましたが、この記事を書き終わる今まで約4時間半を費やしました💦💦💦  しかし分析って楽しいですねー!! あくまでも投資は自己責任でお願いします!! 終わり!そして次に続く…  仮想通貨(暗号資産)取引所 HotBit https://www.hotbit.io/exchange?symbol=REL_ETH 

閲覧回数445 pv