ペルー マチュピチュ遺跡 標高約2,400mに造られたマチュピチュは“空中都市”とも呼ばれ、ユネスコの世界遺産に登録されています。 マチュピチュには神殿や宮殿、居住区があり、斜面には段々畑が広がっています。 16世紀半ば、インカの人々はマチュピチュを残し消えてしまいます。 インカ帝国の滅亡から400年近く経過した1,911年にハイラムビンガムによって発見されたときは マチュピチュは草に埋もれて廃墟となっていたそうです。インカの人々はどこに消えたのか・・未だ多くの謎を残しています。 #ペン

閲覧回数143 pv