チベットの歌うボウルは、サウンドセラピーの神秘的な手段です チベットの歌うボウルは、サウンド療法に使用される謎の楽器。サウンドは、多くの古代文化の癒しと儀式の実践において主要な場所を占めています。例えば、アフリカの住人やアメリカのインディアンは、様々なドラムを使用していました。オーストラリアの原住民 – ユーカリから作られた最も古い管楽器でした。そして、アジア諸国では、ボーリングとゴングを歌いました。 治療のための音の使用履歴それは五千年以上前であり、ヴェーダの伝統から成長しています。西洋諸国の遺産には、精神と身体に対する音の治癒効果の証拠もたくさんあることに注意してください。 チベットの歌うボウルの起源の歴史 チベットの歌うボウルはヒマラヤとも呼ばれ、彼らの故郷はヒマラヤですから。他のアジア諸国では、仏教が広がるにつれて鉢が落ちました。長い間、歌う船はベルに似た楽器だけでなく、儀式の重要な目的でもありました。そして今日、チベットの鉢は、アジアの国々で、神聖であるだけでなく、普通の目的で使われています。ヨーロッパ諸国では​​、1959年にチベット人が中国に捕らえられた後、西洋に逃げ出されたチベット人の修道士たちがボウルを持ち込んだ。 チベットの歌うボウルの特徴 チベットの歌うボウルは、金属の直径は5〜50センチメートルです。ボウルの重量は数キログラムに達することができます。機械的で手持ちの船があります。メカニカルボウルは通常、通常の機械的方法でブロンズ製で、ハンドグラインドされ、マスターによってキャストされます。この場合、合金は少なくとも7種の異なる金属、すなわちスズ、水銀、銅、鉛、鉄、金および銀を含まなければならない。ある場合には、ビスマスおよび亜鉛が添加される。このような金属の組成は、偶然によって選択されない。難解では、各要素は特定の惑星と人間の特定のエネルギー中心に関連付けられています。 音を出すには、特別な木製のスティックやマレット。ロッドと金属との摩擦は、特徴的な深い振動を伴う歌声を発生させる。音と振動のパレットは、ボウルの材質と作り方に直接依存します。 歌うボウルでの治療 チベットの歌うボウルの治癒効果音のマッサージを犠牲にして達成。体の器官は、その発振周波数を持っているし、それに応じて振動するボウルの音と共鳴に入ります。また、身体の一部の地域では、定期的なマッサージを実施することは非常に困難であり、ボウルの振動が同じ波長に患者を設定し、人間の体のあらゆる細胞に潜入します。 チベットの歌うボウルはリラクゼーションを促進する筋肉、血圧や頭痛の増加に役立ちます。振動療法は、ストレス、うつ病、不眠症、興奮性の増加および他の不快な状態のための優れたツールです。 チベットの歌うボウルは使用できませんマッサージのプライベートセッションだけでなく、サウンドセラピーの集団セッションでもご利用いただけます。この場合、治癒効果を強化するためのボウルの音と振動は、ドラム、ゴング、ハープーン、ベルなどの他の古典的な楽器と組み合わせられます。

閲覧回数129 pv