チェブラーシカ チェブラーシカとは、オレンジをエサとする科学では未知の動物で、性格は感動屋。毛がフワフワしていて、耳が大きい。か弱いが、とても積極的」と、1966年に考案した架空のキャラクターについて、考案者である有名な児童文学作家エドゥアルド・ウスペンスキー氏が説明している。 ウスペンスキー氏によると、オレンジ箱に入って熱帯雨林からやってきたこの不思議な動物の名前は、偶然に浮かんだのだという。「知り合いが『チェブラフヌツァ』という動詞を使っているのを聞いた。『倒れる』、『つまずく』を意図していた。その言葉が頭に残り、主人公の名前になった」 #チェブラーシカ

閲覧回数110 pv