奇跡についての引用、またはベストを信じることを学ぶ 奇跡についての引用は、エッセイ、ソーシャルネットワークのためのステータスの定式化とあなたの精神を高めるために単に読む。彼らは、ロマンスや微妙な感情的な組織を持つ人々だけでなく、灰色と平凡な日にうんざりしている人々も好む。私たちは、人生は美しい些細なことや驚きから成っているという信念を目覚めさせるための奇跡について言及しています。 美しい引用、奇跡に関する地位 「奇跡を信じるためには、何が起こっているのかを掘り下げる必要はありません」 「奇跡は、日没の美しさ、あなたの髪の風、暖かい呼吸と胸の震え、すべてのものを融合させたものです」奇跡は利用可能で、見ることができます。 「多くに馴染みの非現実感は、 – 私たちの魂の素晴らしさに取得しようとする試みです。」 「奇跡を信じる者は不幸にすることはできません。」 「男の2つの資質 – 盲目と臆病 – は、奇跡を信じることを妨げている。 「どれだけの人生が遂行されようとも、奇跡を強く信じている」 「奇跡はすべてのステップであり、誰かが状況のランダムな偶然の一致と、誰かが魔法を見ているだけです」 「人は気づいていないことを否定しているので、奇跡を起こしている」 「奇跡は期待されなければ決して起こらない」 「奇跡は患者を愛している」 「彼らは偽善を容認しない、彼らが信じていないと感じる」 新年の奇跡についての引用 「新年の魔法を信じることは、初めからやり直す機会を与えている」 「大晦日を子供のように待っている人は誰もいないことに気付きました。実際、大人一人ひとりが楽しめるシンプルなものだと信じています。 「最も悪名高い懐疑主義者でさえ、チャイムの奇跡を信じている」 「新年の家を飾るほど幸せではない。花輪の箱には奇跡があるのだろうか?」 「新年の夜の魔法を信じるのは簡単だし、後に楽しむことは難しい」 奇跡と魔法についての引用 「大人たちはしばしば、魔法の信念は子供たちにしかアクセスできないと考えています。彼らは信じたいと思っているときに存在することを理解していません。 “新しい一日と夜明けは奇跡です。” “魔法と魔法は共通点がほとんどなく、最初は魂の中で生まれ、2番目は他の欺瞞にある” 「私たちはすべてが可能ではないということをしばしば欺かれますが、それは起こり、起こります。そして、どのようにして魔法を信じられないでしょうか?」 「マジックは主観的です。誰かが木の上に輝く霜の中でそれを見ています。誰かがキスしている」 自分の手で奇跡を語る 奇跡についての引用はあなたを見せることができます別の角度から彼の人生に。それは予期せぬ快い結果につながったランダム性を考慮してください。私たち自身が奇跡を生み出すことができると信じてください。 「私たち一人一人は魔術師と魔術師ですが、これを覚えておく必要があります」 「他の人に優しく親切なことは、魔法の杖よりもうまくいく」 「すべての人が説明できるわけではありませんが、すべてが意味を与えることができます。 「悲しいハグ – これは彼に、私たちは時々パワーが私たちの中にあるものを理解していない魔法のビットを与えることです。」。 “法令は最初のものが好きだというおとぎ話とは異なり、2番目のものは与える。” 「魔法で信念 – 夢を実行するように指示自己催眠思考の形、私たちは奇跡的に彼女を引っ張ります。」。 「多くの物体に不思議な力が加わり、偶然と偶然のためにすべてを書き留めていることに気付かず、実際にはすべてが間違っているのだろうか?」 「生きる道を選ぶことができます。周りのすべてが奇跡であると信じ、奇跡が起きないようにすることができます。 “あなたは奇跡を待つことはできませんが、別の人にそれを与えるために、あなたは空手に戻りません。” 奇跡についての引用は、目的。彼らは絶望し、サポートが必要な人にメッセージを書くのは簡単です。彼らは、電話または願い事カードの一部でリマインダーにすることができます。最終的に、彼らは覚えやすく、弱さと悲しみの瞬間に覚えやすいです。

閲覧回数146 pv